フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« ナベヅル5羽が長期越冬 四国中央・土居 | トップページ | 北帰行のツル、五島にふらり 天候悪化で立ち寄りか »

2015年3月 6日 (金)

鹿児島でカモ大量死、農薬原因か 基準の860倍

鹿児島でカモ大量死、農薬原因か 基準の860倍 産経新聞(2/28付)

鹿児島県は27日、同県出水市のツルのねぐらなどでマガモやオナガガモ83羽が死んだり衰弱したりした状態で見つかったと発表した。うち7羽を検査したところ、消化器官に残されたコメから高濃度の農薬が検出された。

 県によると、検出された農薬は稲作には使われない。意図的にねぐら周辺に農薬がまかれた形跡もなかった。濃度は基準値の860倍。県は、カモが何らかの原因で農薬が付着したコメを食べたとみている。

 83羽はいずれも21日朝、干拓地にあるねぐらやその周辺で発見された。出水市は国内最大のツル越冬地で、昨年11月以降、鳥インフルエンザに感染したツルやマガモが確認された。今回死亡したカモも感染の有無を調べるため検査。大量死だったため、国立環境研究所(茨城県つくば市)や鹿児島県環境保護センターで調べていた。 

« ナベヅル5羽が長期越冬 四国中央・土居 | トップページ | 北帰行のツル、五島にふらり 天候悪化で立ち寄りか »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナベヅル5羽が長期越冬 四国中央・土居 | トップページ | 北帰行のツル、五島にふらり 天候悪化で立ち寄りか »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ