フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« ナベヅル:幼鳥1羽、北帰行 越冬11羽全て飛び立つ 八代盆地 /山口 | トップページ | 3/31 »

2015年4月 3日 (金)

ツル越冬地に環境省出先 鳥インフル対応など、出水市

ツル越冬地に環境省出先 鳥インフル対応など、出水市 西日本新聞(4/1付)

 環境省九州地方環境事務所(熊本市)は1日、国の特別天然記念物のツルが毎冬1万羽以上渡来する鹿児島県出水市に「鹿児島自然保護官事務所出水事務室」を開設した。高病原性鳥インフルエンザの防疫や発生時の迅速な対応を強化するとともに、ツル越冬地の分散化にも取り組む。

 出水市の越冬地では2010年度と14年度にツルの鳥インフルエンザ感染が発生した。専門家は「出水平野にツルの渡来が一極集中したままでは種の存続が危ぶまれる」と指摘。環境省も分散化を検討するが、思うように進んでいない。

 出水事務室は市ツル博物館内に設置された。感染症対策専門官で獣医師の中村陽子自然保護官(48)が着任。市職員と連携してツルの防疫パトロールや感染症検査に当たり、分散化の方策も検討する。同県薩摩川内市の藺牟田(いむた)池に生息する絶滅危惧種のベッコウトンボの保護にも当たる。

 中村保護官は、出水市の渋谷俊彦市長らとともに事務所の看板を掲げ「市民と手を取り合い、ツルの保護に頑張りたい」と抱負を語った。

=2015/04/02付 西日本新聞朝刊=

« ナベヅル:幼鳥1羽、北帰行 越冬11羽全て飛び立つ 八代盆地 /山口 | トップページ | 3/31 »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナベヅル:幼鳥1羽、北帰行 越冬11羽全て飛び立つ 八代盆地 /山口 | トップページ | 3/31 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ