フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« ナベヅル北帰行始まる 周南・八代、11羽中まず3羽 | トップページ | ナベヅル:幼鳥1羽、北帰行 越冬11羽全て飛び立つ 八代盆地 /山口 »

2015年4月 3日 (金)

ナベヅル幼鳥1羽残る 周南・八代、5羽は北帰行

ナベヅル幼鳥1羽残る 周南・八代、5羽は北帰行 山口新聞(4/1付)

本州唯一のナベヅルの越冬地として知られる周南市の八代盆地で過ごしていたツル5羽が30日、飛び立ち、幼鳥1羽が残った。市ツル保護研究員の河村宜樹さん(81)は「幼鳥が1羽残るのは監視を続けてきた21年で初めて」と驚いている。5羽はシベリアに北帰行したとみられる。

同盆地には今シーズン、11羽が飛来。25日から北帰行を始め、現在は幼鳥1羽が残っている。市鶴いこいの里センターによると、5羽は午前10時ごろ相次いで上空に飛び上がり、八代盆地の北西方向に飛び去ったという。幼鳥は現在、1羽で田んぼの餌をついばみ、時折飛び上がって鳴きながら八代上空を旋回するものの、北帰行はせず餌場に戻っている。

監視員らは1羽で鳴く姿に「まるで親鳥を探しているよう」と心配。河村さんは「数日前に親離れさせられたことが原因では。天気が良くなれば1羽で北帰行することを願う」と話している。

« ナベヅル北帰行始まる 周南・八代、11羽中まず3羽 | トップページ | ナベヅル:幼鳥1羽、北帰行 越冬11羽全て飛び立つ 八代盆地 /山口 »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナベヅル北帰行始まる 周南・八代、11羽中まず3羽 | トップページ | ナベヅル:幼鳥1羽、北帰行 越冬11羽全て飛び立つ 八代盆地 /山口 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ