フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

Siberian crane in Taiwan

Rare Siberian Crane given special protection in Taiwan after getting lost  Siberian Times (5/27付)

2015年5月26日 (火)

Img_9032

座るアオサギ
この時期、アオサギが座ってるのよく見る気がする

Img_9035

ミサゴ、さかな食べ中

Img_9043

あら、東干拓でヘラサギ1羽
ちょっと頭が黄色い感じ
シギチは移動したのか、見られなかった

2015年5月24日 (日)

Img_9018

今日は東干拓にセイタカシギ3羽
1羽増えた?コアオアシシギは抜けちゃったみたい

Img_9020

高尾野川の中州に隠れるようにキアシシギの群
20+ほど

そうそう、昨日の早朝、荒崎にアカアシチョウゲンボウがいたらしい
連絡受けて見に行ったけど、居なくなった後と思われるその場所にハシボソガラスが2羽
追い払われたかなぁ・・・
今頃どこの空にいるんだろうか?

Img_9022

何故か成り行きで水俣にいったら、バラフェスタしてました
イングリッシュローズ系、デルバール系多し

Img_9026

「ナエマ」の香りがとてもよかった

Img_9024

ソラも晴れて、じりじり灼ける日差し
うっかり鳥見でなく焼けてしまった・・・

2015年5月22日 (金)

Img_5179

最近はなかなか鳥いない・・・と、写真がなかった昨日!でしたが、今日は、東干拓にハジロクロハラアジサシが1羽ふわふわ飛んでました

風でさ~っと行ってしまうので写真がつらい

Img_9013

水入れて、トラクターで田んぼをうってるところにコアオアシシギ2羽と

Img_9010

セイタカシギ2羽来てました
そろそろまた移動が始まってる様子でうれしい

Img_8997

牧草の刈り取り中

Img_8996

こっちはジャガイモの収穫かな?
農繁期です

Img_8999

今日のがっかりの一枚

田舎故なのか、リード外して散歩させる愛犬家をよく見かけます
本当に止めていただきたい
広いから、人が少なそうだからとか思うのでしょうか?
ルール守って欲しいとずっとずっとずっと思っています

2015年5月20日 (水)

Img_8954

蛇淵河口にキアシシギ11羽
シギチ動いてるんですかね?

Img_8982

高尾野川の中州にアカガシラサギ1羽
川面を見つめて魚を狙ってる
4~5cmのさかなをクチバシの先で捕らえて食べてました

2015年5月17日 (日)

Img_8949

天気が良くて、鳥も移動しているみたい
早朝、ホトトギスの声を聞きました

蛇淵河口では、ハマシギとキアシシギとソリハシシギ
数は若干減ったかなあ?

高尾野川もチュウシャクシギとヘラサギで相変わらず

2015年5月16日 (土)

Img_8933

蛇淵河口にハマシギの群とソリハシシギ、キアシシギ
やはり見つけきれないキリアイ・・・

Img_8938

高尾野川でヘラサギ2羽
なに捕まえたんだろうね?
チュウシャクシギもまだ少し残ってる

Img_8943

東干拓、麦秋
この景色がとっても好き
ツルたちはそんなにいたずらしなかったと思いたいのかも?
ん?そういえば農家さん、麦のまき直ししてたような気もするな・・・

東干拓はオナガガモが3羽飛んでいた
まだ移動中?

2015年5月15日 (金)

5/10より、ナベヅルが見当たらなくなりました。
それまでナベヅル4羽が見られていたのですが、それ以降確認出来ていません。
ナベヅルたちの警戒心も出てきていたので農家さん達への配慮とツルへのディスターブを考えGW前よりブログ止めていましたが、日々の覚え書きとして再開します。

Img_8904

今日は天気悪く、昨日それ以前に来ていたシギチもそのままに
採餌

蛇淵河口
ハマシギ、サルハマシギ、キアシシギ、ソリハシシギ

Img_8916

高尾野川では、ヘラサギ2、セイタカシギ1、チュウシャクシギ2

Img_8909

そしてまた今シーズンも見られた!アカガシラサギ1羽
遠い中州でぽつんと
もう来てたんだなあ

2015年5月14日 (木)

Img_8881

蛇淵河口にサルハマシギ

Img_8885

色が濃いの

Img_8880

えっと、トウネン1でいいのかな

その他にも、ハマシギ、ソリハシシギ、キアシシギ

Img_8896

古浜でタカブシギ3とウズラシギ1

高尾野川でキアシシギ4、チュウシャクシギ3、ヘラサギ2、コアオアシシギ1

2015年5月13日 (水)

Img_8871

なんかチュウシャクシギばっかり撮っても・・・という気はしないでもないけれど
高尾野川にチュウシャクシギ4、キアシシギ1
蛇淵河口にヘラサギ1

Img_8872

気持ちよさそうだったので・・・ヒドリガモ

2015年5月12日 (火)

Img_8858

蛇淵川にヘラサギ1羽若いね
他に、クロツラヘラサギ1とヘラサギ1
キアシシギ9、ハマシギ11

Img_8862

東干拓でばったりバンとはち合わせ

Img_8865

高尾野川はチュウシャクシギ1、キアシシギ5

2015年5月11日 (月)

Img_8852

蛇淵河口にヘラサギ2クロツラヘラサギ1
サギ類に紛れると見過ごしそう

Img_8854

高尾野川に1羽だけチュウシャクシギ
どこか別にも居たんだろうか?

2015年5月10日 (日)

Img_8849

この日の朝までナベヅル4羽確認されていたらしいです。
それから、居残りナベヅルを見られなくなりました。
どこか場所を変えたのか?北帰行したのか?
見ていた人がいないのでわかりません

高尾野川にチュウシャクシギ5羽
鳴き声きくのも楽しいです

2015年5月 9日 (土)

Img_8848

荒崎郊外に居残りナベヅル4羽
遠目からでも警戒が強い
雨に紛れて通り過ぎる

2015年5月 7日 (木)

Img_8832

荒崎郊外にナベヅル4羽
ずっと採餌

Img_8835

足コブはまだまだ膨れている様子

Img_8836

まだ東干拓にいるツクシガモ
このカモのせいで?農家さんがたくさんの鳥よけの旗を設置したような・・・

Img_8839

何故か減ってたと思っていたヒドリガモハシビロガモも江内川で見られた・・・まだ移動してるの?

Img_8841

シマアジもいるよ

Img_8842

ここに来てアマサギが多く見え始めたけど羽数少なめ?

Img_8846

何故か荒崎田んぼで採餌するクロツラヘラサギ1羽とヘラサギ1羽
魚とかそんなに居るんだろうか?
クチバシを水面に突っ込んで首降ってるけど、捕まえてる風ではない

2015年5月 6日 (水)

Img_8826

荒崎郊外、居残りナベヅル4羽
何か上空が気になってるみたい

2015年5月 5日 (火)

Img_8817

荒崎郊外にナベヅル4羽居残り

Img_8821

足コブはまだ膨らんでいるようだ
黒っぽい所の根本部分が帯状に赤くなっている
両足同じくらいの重量なんだろうか?
荒崎からここまでのある程度の距離を飛んでいるので、飛翔能力はある程度はありそうなんだけど

2015年5月 4日 (月)

Img_8816

荒崎郊外にナベヅル4羽
天気悪く、飛ぶにも飛べないだろうという感じ

まだ熱心に採餌
警戒心が徐々に強まっている

道路際ツルがいる田んぼの真横から見ないようにするとか、わざと畦を挟んで距離をとってなど見ないようにする配慮が必要
長時間じろじろ見ない、長玉をむけっぱなしにしないなど

いつもこの時期に思うのは、こういう状態が他の地域の渡来のケースなんだろうなと言うこと

この状態の時に、冬の荒崎などの対応と一緒のことをすると、とたんにツルは警戒する
目の前に見られるのを周知されてるからだと思うけど、他の地域の人に「200m離れましょう」とか、ツイートすると何でそんなことしなくちゃいけないんだ?的に笑われたことがあるけれど、出水で近くで見られるのは、人が入らない囲ってあるツルにとって安全な保護区があるというツルの認識の上で成り立ってることで、だだっ広いどこまでも人が追いかけられる場所ではやっぱり野生の距離というのがあるんだ
そういうツルにとっての認識みたいなものは、その土地土地で対応を変えられてると思う

出水でも飛んできて当初、追いかけ回されたシーズンは、手前に寄ってくるのも時間がかかっていたようにも思うので配慮が必要ではないかと思うのです
シーズン初めと終わりは、出水でもそれなりの距離を保って見ていたいし見て欲しいと思う
少なくとも警戒されたら遠くに移動する、とかね

2015年5月 3日 (日)

Img_8809

GW始まりました
今までこのGW前後くらいで北帰行しなかったツルは居残ってます
大丈夫か?

もりもり採餌はしています


2015年5月 2日 (土)

Img_8804

4羽になって探しやすいと思っていたら、荒崎郊外に行ってました
これは・・・
荒崎、この場所のほかにもう1カ所補足していない場所と行動するのか・・・

途方に暮れます
ここにいる間は良いけれど、農家さんが入って逃げればもう帰ったかどうかわからなくなる

まだ採餌に一所懸命
私には、体は細く見える
帰らないかも?と不安

ディスターブに注意して、車を止めず一定の速度で走り抜ける
この4月からは長いレンズもほとんど使ってません

2015年5月 1日 (金)

Img_8794

用事でクレインパークにいたら、ナベヅル10羽が9:17に北帰行したとの情報をきいた
14羽飛んで4羽戻って来たらしい

昼頃荒崎へ行ってみると3+1が観察センター横の田んぼで採餌中
今まであまり使ってなかった田んぼだ

Img_8801

1羽はちょっと離れて

そして、西干拓のナベヅルは居なくなっていた
合流して帰ったか?この4羽の中の1羽なのか?

Img_8795

コブのツルは残り
かさぶたっぽく色が濃い部分がみえる

戻って来ちゃったかあ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ