フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

Img_9136

今日は東干拓にササゴイ1羽
じーっと水面を見つめて魚を捕ってました
疑似餌はなし

Img_9114

一昨日のサギ山

Img_9120

ヒナがあちこちで大騒ぎ

Img_9122

激しいケンカ

Img_9116

つんつん頭があちこちに止まってる

2015年6月25日 (木)

ディズニーはヤクートのソデグロヅルを保護します

ディズニーはヤクートのソデグロヅルを保護します YKT (6/23付)

ヤクートの自然保護省によると、自然保護のためのディズニーワールド·ワイド·ファンドは、IUCNレッドリストに記載されている東シベリアクレーン集団を研究し、維持するために、プロジェクトに10年の期間で補助金が付与されます。

決定は6月上旬、中国で開催された、白クレーンの保護に関する国際セミナーで行われました。

プロジェクト実施の領域とシベリアクレーンを研究 - 中国·サハ共和国(ヤクート)。これは、2016年から2025年まで珍しい鳥の渡りと繁殖の分野で研究を行うために計画されていることが報告されています。

2015年6月17日 (水)

ジャロン自然保護区にモンゴルの足環がついた雌雄のマナヅルが現れる

ジャロン自然保護区にモンゴルの足環がついた雌雄のマナヅルが現れる 東北サイト日本語(4/13付)

このほど、足環が付いている2羽のマナヅルがチチハル市ジャロン自然保護区に現れ、中国鳥類足環センターの専門家の鑑定を経て、このペアのマナヅルはモンゴルに返還され、ジャロン自然保護区では初めての記録となった。

Img_9094

雨続いてます
な~んにもいない

定番の、ホオジロ、セッカ、ウグイスやサギ類
西干拓に油汚れ?してるようなアマサギいつも居ます
黒いんだよね
べたっとしてるし

Img_9104

特産館のツバメ
もう2回目の繁殖組がいるみたいで、小さいヒナの巣もありました

買い物客にも人気か?
カメラ構えてたら「ツバメ久しぶり」と、よく声をかけられます

2015年6月12日 (金)

Img_9076

江内川に集まるゴイサギ
暑いのかな、深いところでじっとしてます

Img_9087

ヒクイナが耕耘中の田んぼをちょろちょろ

Img_9089

トラクターの後ろについて歩くアマサギ他、集団

Img_9092

東干拓で何か捕まえたらしいハヤブサ
若いね

Img_9079

雨上がり、道路を横切るカニたち
アカテガニってやつかな?
ヘビもあちこちに(ヤマカガシ?のような赤い斑があった)

2015年6月 9日 (火)

Img_9068

雨でもあちこちで田植えされてます
この時期がずれつつ田植えっていうのが荒崎と荒崎周辺から広がる出水全域の田んぼのいいところかもしれない

Img_9073

クロツラヘラサギまだいます
田んぼで採餌してるけど、魚目当てか?

サギはカエル獲ってました

2015年6月 7日 (日)

Img_9066

昨日見たクロハラアジサシとハジロクロハラアジサシは見えず、今日はヘラサギ1クロツラヘラサギ1がいました

渡り途中かなあ?
ハシボソハシブトカラス多い地域で昼寝
落ち着かなさそう

2015年6月 6日 (土)

Img_9061

2~3日に一回に減らしてる鳥見、今日行ってみたらハジロクロハラアジサシ11クロハラアジサシ4が東干拓に来ていた

いつから来てるんだろう?
採餌が頻繁なの見ると最近かな?

調整池縁で休憩

Img_9062

対岸から見るには良いけど、横の道路からは遠く離れて見てるのに警戒

Img_9063

隣の田んぼ上空を飛んでは虫?を見つけて採餌

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ