フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 平川動物公園 | トップページ | »

2015年8月20日 (木)

タンチョウ生息地の分散を/釧路で講演会

タンチョウ生息地の分散を/釧路で講演会 釧路新聞(8/15付)

国の特別天然記念物タンチョウとシマフクロウについて、最新の研究成果を報告する講演会 (NPO法人タンチョウ保護研究グループ主催)が13日夕、釧路市立博物館で開かれた。「タンチョウの今」をテーマに講演した正富欣之さんは、北海道とロ シア極東地域の繁殖状況を比較し、本道は個体数の増加で高密度化が進んでいることから、生息地を分散化する必要性を指摘した。同博物館、博物館友の会が共 催し、約50人が参加。同研究グループは北大と共同で2012年度から3カ年、シマフクロウ・タンチョウを指標とした生物多様性保全をテーマにした研究に 取り組み、ロシア沿海州・ハンカ湖南東岸湿地と釧路湿原のタンチョウの繁殖状況などを調査した。正富さんは道内の営巣密度がロシアの約3倍の高密度だった ことを説明し、「道内のタンチョウは2000年は740羽だったが、15年には1500羽を超えた。15年間で2倍増加したが、湿原の面積は60%減って いる」と現状を報告。「まずは現在の湿地を保全しなくてはならない。利用していない湿地を活用する方策をつくり、分散化を促進する必要がある」と今後の保 護活動のあり方を示した。

« 平川動物公園 | トップページ | »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平川動物公園 | トップページ | »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ