フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

Img_0257

今朝のねぐら

Img_0262

陽が昇るにつれ、カモが・・・

Img_0270

東干拓にポツンと1羽でいたマナヅル
これが1陣のマナヅルかなあ?

今日も昼前後、東干拓の上空を高いところからマナヅルが降りてきていました
渡りでまだまだ増えてそうです

Img_0268

ねぐらに移りこんでたマガン
もしかして2に増えたか?
写真見て気づきました・・・

Img_0278

タシギだろう・・・?

Img_0296

江内川でセイタカシギ
波間のお散歩

Img_5873

オオタカ飛び回ってました
カラスに追われると大変

2015年10月30日 (金)

Img_0190

東干拓朝のねぐら
ぎっしり

Img_5832

荒崎は保護区の外に掛干しが
あたりは落穂が多いのだろう、ツルが集まってる

Img_0195

ここも刈り取ったばかりの田んぼなんだろうな
餌豊富で、ツルも集まる

Img_0197

マナヅル増えたみたいです
東干拓の一つの群れだけで15まで数えたので、それ以上は確定

Img_0201

集まる場所っていつもきまってる

Img_0224

今日も排水路に入る奴ら

Img_0227

西干拓に100羽の群れ
この時期珍しい~

Img_0234

新米たべちゃいかん!

2015年10月29日 (木)

Img_5766

朝のねぐら
大部飛んで移動した後、残ったツルたち
ゆっくりまったり

Img_5787

朝方、荒崎ねぐら奥のほうの田んぼ
最近稲刈り終わった田んぼで、落穂がたくさんありそう

Img_5789

飛ばされるツルたち
飛ばした人からは、お尻ばっかりが見えてるはず

Img_5792

今日は暖かい一日
堤防際に集まって立ってるナベヅルたち

Img_0164

年々大胆になるナベヅル
今までこの直線までは降りてはいなかったはず
人が見ていないと思って!

Img_0156

今年のツルは、マイペース
もう道路を渡ります・・・

Img_0181

観察センター前の道路は、人も車も自転車も立ち入り禁止です

Img_0182

Img_0183

この看板があるところは、立ち入りご遠慮ください
ご協力お願いします

2015年10月28日 (水)

Img_0094

今朝のねぐら
東干拓、ぎっしり満員でした

ある程度明るくなって飛んだツルが、奥の堤防際に移動しています

Img_0105

もう自分の縄張りに行って子育て開始
幼鳥をがっちりガード
こちらの様子をうかがって、そわそわしています
首を上げているのは警戒している証拠
この場所が安全かどうか、計っている最中なんだろうな

Img_0108

早朝のねぐら立ちの時間に、もう下水流や古浜といった周辺地域を巡回して、降りられるかどうか?見てる風なナベヅルのグループ

まだ農家さん、稲刈りしてるよ~

Img_0110

今日は、荒崎のツル観察センターの開所式が行われました
開所式の日は、無料で観察センター2階に上がれます

公式発表は、こんな感じだったらしい

Img_0126

朝ねぐらから飛び立って、思い思いの場所で採餌するツルたち
農家さんの車両や観光客の車が走り回るまでの、のんびりとした採餌の時間

Img_5759

12時過ぎ、マナヅルが10羽到着したらしいです
これで合計11羽?になったとのこと
私は残念ながら、全部一緒にいるところを見られなかった~
遅かった!

現地解散!早かったみたい
そして、1陣で来たマナヅル1羽とは合流しなかったらしい
1陣のマナヅルの動向が気になる気になる

Img_0137

夕方の荒崎
人が入らなくなって、落穂もたくさんあって
こちらにねぐら入りするツルが多かったみたい
東干拓より人気があるらしい

Img_5762

クロヅルも渡来してきてます
後ろ姿しか撮らせてくれなかった

周南・八代盆地 第一陣のツル3羽飛来

周南・八代盆地 第一陣のツル3羽飛来 日テレNEWS24(10/28付)

本州唯一のナベヅルの越冬地、山口県周南市の八代盆地に28日、第一陣のツル3羽が飛来した。

 3羽のツルは、周南市八代盆地の水田でエサをついばんだり、毛づくろいをしたりして、落ち着いた様子だった。親鳥2羽にはさまれ、全体的に茶色っぽい1羽は幼鳥。周南市によると、3羽は午前7時15分に、水田に降り立つのが確認されたという。

 周南市ツル保護研究員・河村宜樹さん「そこを飛ぶのが見えた。3羽が。あれはカラスじゃないなと思い、よく見たらツルでした。やりました」

 周南市では、ナベヅルは特に飛来してきたばかりの時は警戒心が強いため、指定されたエリア以外での観察や撮影はやめてほしいと呼び掛けている。

2015年10月27日 (火)

カナダヅル来ました

Img_0058

朝のねぐら
ツル、だいぶ増えました

Img_0311

カナダヅル2羽、来ています
2羽近くにいるなぁ
一緒に来たんでしょうね
カップルかなあ?

Img_0065

今年初めて、堤防に上がるツルたち
なんの餌があるんでしょう?
草とか、草の実とか?

Img_0067

ひっそり隠れて、水路で水のみ
降りるときは慎重に~

Img_0089

みんな中央付近に向かって警戒
何かが潜んでいるらしい

少しずづ、群れで追い詰めて何かしら脅威なものを追い払います
のらネコかな?なんだろう?

Img_0075

高ーいところから降りてくるナベヅル
こんなに高く海から飛んでくることはないので、渡来だと思われます
雨が降ってても、渡ってきているみたい

Img_0063

岩についたノリのようなものを食べるヒドリガモ
効率よく食べられている?

Img_0077

オオソリハシシギ、蛇渕や東干拓あちこち移動しながら過ごしているらしい

Img_0082

ハマシギが浸ってる
足が見えないところにいると、印象違う

Img_0088

蛇渕河口遠くにオシドリ1羽
遠いな
天気が悪いと、この色でも景色に埋もれてる

2015年10月26日 (月)

10月末のラッシュ

Img_9966

早朝の東干拓ねぐら

だいぶナベヅル増えてきました
夜のうちに若干飛んできている様子
これまで毎朝、少しずつ少しずつ増えてました
今朝も若干数増のようです

Img_9987

今日は、監視所前の11月から給餌する道路の上に、ナベヅルたちが乗って過ごす光景も見られました。
まだ小麦のエサはまかれてないよ~
去年のことを覚えているのか、ただただ高い場所が好きなのか?

Img_0021

お昼には暖かくて(30℃越え?)、ねぐらの水を求めて集まるナベヅルたち

Img_0028

水浴びするツルもいます
混雑してそうなところで、水に浸かってバシャバシャ

Img_0041

午前中、11時過ぎに渡来してきたらしいナベヅル11羽がいました
その後、ぱたっと渡来してきてるツルは見つからなかったのですが、14:45より続々とあまり長い間途切れることなく夕方まで渡来が続きました

15:20~は、海(天草方面)から低く低く東干拓監視所にまっすぐに降りてきました
それから夕方にかけては、荒崎方面や蕨島上空~少し西寄りから降りてきたりと徐々に変わっていきました

18時過ぎのナベヅル15羽まで見れたけれど、それ以上はもうあたりも暗くなってしまってわからなくなりました
今夜も夜中、渡ってきているかもしれません

今日だけで、500羽以上のナベヅルの渡来が確認されました
今の羽数は、そろそろ1000羽に近いかな?

降るように飛んでくるナベヅルたち

おかえり
これから春までよろしくね

Img_9975

今朝は、東干拓小浜荒崎西干拓で、ニュウナイスズメの群れが見られました
寒くなったんだなあ

Img_9977

荒崎の保護区も、急ピッチで準備が進んでいます
今年は国民文化祭のため、ツル観察センターは10/28からの営業になっています

2015年10月25日 (日)

Img_9947

朝のねぐら
運動会やら、近くの催し物の開催を知らせる砲が早朝から何回か鳴り、警戒しちゃったナベヅルたち
首が上がりっぱなしです

Img_9950

ヘラサギも一緒に寝ていた様子

Img_9951

朝の飛び立ち前に、突風が吹いたとき風にふわりと乗り、ジャンプしてダンス

Img_9962

タゲリが近くに降りたけれど、まだ日が昇りきらない早朝で構造色のメタリックなグリーンやら赤やらの羽の輝きがあんまりない

2015年10月24日 (土)

Img_9931

今日も、お昼は暖かい陽気
東干拓堤防際にツルが集まっている

Img_9938

道路上にはエサがなさそうなのだけど、集まるナベヅル

Img_9941

水路に降りるナベヅル幼鳥たち

Img_9943

水が飲みたかったらしい

2015年10月23日 (金)

Img_9894

今朝のねぐら
今日は出水のツル全員で寝た?
それともほかの場所に何羽かいるのか?
渡来当初は動きが読めません

Img_9897

まだ荒崎は保護区になってないし、もちろんエサもまかれていません
暗いうちからねぐら立ちするようなツルはほぼいない

Img_9924

お昼には、荒崎で採餌するナベヅル家族も出てきました
ここが「縄張り」のツルかも?

Img_9928

ほとんどのツルは、東干拓保護区内のずーっと奥の堤防際で過ごしてました
警戒心強ーい

Img_5677

暗くなって、ねぐらを探して荒崎に飛んでいくツルの群れ
やっぱり荒崎が気になるらしい
見てる間、ほとんどのツルが東干拓のねぐらに戻っては来てるみたいだけど・・・

明日は高尾野中学校単独でのツルの羽数調査リハーサルです
ねぐらに皆、いておくれ

夜、家に帰り窓を開けると、ツルの声が聞こえるような気がする
空耳なのか、本当にツルが来ているのか

Img_9900

高尾野川でアオアシシギ1羽

Img_9915

ホオアカも来てます

Img_9920

ホオジロのシルエット
マルチングが太陽に照らされる

Img_9913

古浜にタヌキが2匹、互いにグルーミング
いちゃいちゃしてます

Img_9930

カワセミが魚狙い中、こちらに気が付いた!

2015年10月22日 (木)

Img_9865

早朝、増えてるナベヅル
しかも、保護区の網の外の田んぼ・・・
ねぐらで寝てるツルは19羽だったらしい
夜~朝にかけてきたばかりのツルたちは、保護区外に降りてた模様

Img_9867

もうなわばりの田んぼに降りてる家族も?
気が早いというか・・・

Img_5623

一番大きな群れでナベヅル130羽
家族単位の群れや、数十羽固まっていたり
あちこちに散らばっていて一人では数えられない

人が入ってすぐ飛んで、ということもあるので、ツルが降りている場所がたくさんあると難しい

渡来したてで警戒心がとんでもなく強い
上空見えない旅客機の飛んでいる音で、群れが飛んでしまうくらい

Img_9891

なぜか?この大きな群れにマナヅル1羽も混じってる
そして警戒して群れが飛び始めたとき、われ先に飛んでいるのがこのマナヅル
ま、ほかのツルが警戒してくれるから、それまではエサ取りに専念できて楽だよね

Img_5640

ある程度エサを食べて満足したのか?1羽で飛んでた
これからはソロ活動?
ふらふら1羽勝手気ままに行動してるみたい
マナヅルが渡来してくると変わるのだろうか?

Img_5643

ダイサイゴーが来ていたらしい
東干拓の保護区外のナベヅルの群れに歩いていく・・・
それでないでも警戒心強いのに・・・
まだだいぶツルまでは距離があるけど、来たばかりのツルたちには刺激強すぎるだろう

Img_5647

あー三脚持って歩いてるよ
ツルに対して威圧がすごいと思う

Img_5655

まだだいぶ距離があったのにやっぱり飛んじゃった
ビデオ撮れたんだろうか?
荒崎に移動していったみたいだけど、あちらでも追いまくったんだろうな

お仕事でしょうから大変だけど、ツルが出水に慣れたころに撮りに来られたほうがいい仕事ができたんではないかと他人事ながら思ってしまう

そして、始まったばかりのこのシーズンのツルたちは警戒心が強くなりすぎるのでは?と思うとため息をつきたくなる

Img_9873

Img_9881

ノビタキ、あちこちで見かけるな

2015年10月21日 (水)

ナベヅル初飛来

Img_5421

早朝東干拓に向かうと、ナベヅル5羽渡来してきていました
東干拓の保護区の奥に、ナベヅル5羽が固まって懸命に採餌

飛ぶと、ピーピー声が響きます
1羽幼鳥が混じってます
ナベヅルがやってきたよ~
きっと昨日夕方に到着していたらしいグループだよね?

Img_5440

11:30 飛んでる5羽のナベヅルを見ていると、離れたところを飛んでいるナベヅル2羽が!

ナベヅル2羽渡来です

Img_5447

そして5羽が降りた同じ場所に降り立ちました

普通だと、別のグループ同士は別々の場所に降り立つと思うのだけど、この初渡来の5羽と次に来た2羽は上空と地上とで鳴きかわしもせずそのまま群れの中にすっと降り立ちました

渡り途中ではぐれてたツルたちが一緒になったか?と妄想

Img_0267

お昼になると、ねぐら近くの道路の上で羽繕い
眠ってるのもいるね
長旅おつかれさま

Img_9841

早朝は東干拓におらず、探し回っても見つからなかったマナヅル1羽が9:30頃ねぐらの中に来てるのが確認できました

Img_9842

ナベヅル2羽が来て少したってから、じーっとナベヅルたちを見つめながら採餌
なんだかとってもナベヅルの群れを意識している様子
少しずつ少しずつ、ナベヅルのほうへ歩いていく

Img_9847

ナベヅルはマイペースにゆっくりゆっくり過ごしています
幼鳥は食べてばかりでなかなか首を上げてくれない

そのうち、ナベヅル周りをうろうろするマナヅル
マナヅルも寂しかったんだろうなぁ

Img_9859

14:34 ナベヅル14羽が新たに飛来
堤防際に降り立ってしばらく過ごし、夕方近くになって飛んで最初の7羽に合流しました
マナヅルも一緒にいるよ

16:30にまだまだ渡来が続きそうな気配で離れがたかったけれど帰宅
今日の渡来は、ナベヅル21羽

全部でマナヅル1羽ナベヅル21羽の、合計22羽になりました

明日の朝はねぐらに全員マナヅルとともに入っているといいな
夜の間にまた増えていてもおかしくない天気
明日の朝に期待です

Img_9862

蛇渕河口にヘラサギ1羽
周りはサギ類の群れ
ちょっとした目くらましになってた

Img_5557

夕方、東干拓の監視所で渡来ツルを待っていると、上空をハシボソガラスに絡まれながら飛んでるコミミズク
今年もやってきてるね~

東干拓をタゲリが飛び回っていたり、高尾野川にアオアシシギがいたり、ミヤマガラスが群れをなしていたり、いろんな鳥が渡ってきています

2015年10月20日 (火)

Img_9808

今日も1羽だったマナヅル
夕方、羽繕い

18時ごろ、荒崎上空ナベヅルが飛んでいたらしい!
明朝は早めにねぐらチェックに行きたい

Img_9803

ハマシギが昼寝~
20羽近く
海が満潮だったからこちらに移動してきていたかな?

Img_9802

カモ類、増えてる気がする
マガモも来てます

ツル越冬地の借り上げ契約 出水で保護会

ツル越冬地の借り上げ契約 出水で保護会 南日本新聞(10/20付)

鹿児島県ツル保護会(会長・渋谷俊彦出水市長)は19日、ツルの越冬地となる出水市荘の荒崎休遊地42.3ヘクタールの借り上げ確約書を、地権者会(船島惠会長、132人)と取り交わした。10アール当たり4万円で、21季連続の据え置き。期間は25日〜2016年3月31日。

2015年10月19日 (月)

Img_9796

今日もマナヅル1羽でした
新たに渡来がなく、1週間
いろんな人がツルが到着するのを待ちわびています
ただ、まだ暑いなあ
お昼には、監視所は30度以上
もう少し寒くならないとだめなのかも?

Img_9786

ノビタキ、あちこちにいるみたい

2015年10月18日 (日)

Img_9775

今日も1羽で過ごしたマナヅル
なかなか後続が来ません・・・
今日はツルマラソンの日だったのにね

2015年10月17日 (土)

Img_9769

明日はツルマラソンの日
今日も夕方まで見てみたけれど、新たなツルの渡来はありませんでした
ツルの羽数は、マナヅル1羽

午前中はどこかへ出かけていたらしく、東干拓では見当たらなかったんだそう
午後からは東干拓のねぐらでゆっくり採餌して過ごしていました

Img_9773

東干拓の目隠し網で囲われた田んぼと、その隣接する海側堤防はツルの保護区のために10/1~2月末日まで立ち入り禁止です

ときどき立ち入り禁止看板を無視して入り込む方がいらっしゃいます
なぜバリケードを超えられるのか???
特に渡来したてのツルは警戒心が強いです
人間よりもずっとずっとあちこちを見通していて安全な場所かどうか見ています
人間が見えない距離でもツルには見えています
鳥インフルエンザの消毒の関係もあります
ツル保護のため、立ち入り禁止看板に従っていただくようご協力お願いいたします

また、田んぼのあぜ道は農家さんの私有地です
勝手に入れば不法侵入になると思います
毎年、田んぼのあぜ道を歩くカメラマンを見かけます
ルールを守っての鳥見や撮影をしていただきたいな~と思います

2015年10月16日 (金)

Img_9748

今朝のねぐらは、東干拓だったらしい第1陣マナヅル
一日ここで食べたり羽繕いしたり
まだ後続は来ないらしい・・・

ツルファンもみんな待ってるんだけどな

Img_9754

相変わらず、東干拓の同じ田んぼにいるセイタカシギ2羽

Img_9757

今日はタカブシギも1羽だけ混じってました

Img_9758

オシドリも2羽
もう一羽も写真撮りたかったのだけど、こちらを見るや遠くに・・・
この写真の1羽はメスみたい
♂♀ペアだったのか、♀2羽だったのか
この時期のカモ類はなかなか難しいですよね

Img_0247

私、初めてのレンカク
高尾野川の遠い遠い中州近くにカルガモに混じっていました
遠すぎて、遠すぎて・・・
もうすぐに渡ってしまうだろうか?
今の時期は珍しいそうです

2015年10月15日 (木)

Img_9739

今日もマイペースで採餌などなど
やはり東干拓にはいません
遠目に離れて確認、邪魔しちゃ悪いので元気なの確認したらすぐさまその場を離れます
それでないでも農家さんがあちこち走り回っていらっしゃるからね
農家さんの車両の邪魔にならないルートを確認しつつの鳥見です

Img_5382

ツルのいない東干拓
カモ類が増えてきてます

2015年10月14日 (水)

鹿児島出水市にツル協力要請へ

鹿児島出水市にツル協力要請へ 中国新聞(10/14付)

周南市ツル保護協議会は13日、市内で会合を開き、本年度の事業計画をまとめた。鹿児島県出水市で保護したナベヅルを周南市八代地区へ移し、放鳥して定着を図る事業を強化するため、会員を出水市に派遣して協力を要請する方針を確認した。 

Img_9721

朝から東干拓にいなかった第1陣マナヅル1羽
早朝ねぐらでも見つからず、その後も東干拓にはいなかったみたい

だいぶ、いやかなり警戒心がいきなり強くなっていて、稲刈りが多い地区で農家さんとかなり遭遇したような気配

何度もあちこち移動してるみたいです

ただ、保護ケージにいるマナヅルの声に反応していて、この地区にいたい様子
さみしいんだねえ

見かけた方は、遠くから見守って欲しいものです
400m離れても反応してる感じがします
写真はすっごいトリミング画像です

2015年10月13日 (火)

Img_9703

午前中、ねぐらで羽繕いするマナヅル
ゆっくりすごしています

まだほかのツル来ないね
お仲間はどうしてるのかな?

Img_9707

江内川にカモ類増えてきています
カルガモ、ヒドリガモ、コガモ
だんだん季節が変わっていくなぁ

Img_9715

堤防脇でカモを見ていたら、前にある木から視線を感じる
小鳥が止まってるな・・・
エゾビタキでした
いったいいつからこちらを気にしていたのやら

ごめんなさいねとバックして移動しました

2015年10月12日 (月)

Img_9673

早朝7時半、ねぐらで「もぞもぞ」羽繕いしてるマナヅル
このまま何もなければ一日中ここで過ごすのか?といった風情
ずーっとずっとこの場所で、採餌したり羽繕いしたりだったのだけど、午前中にねぐらの水調整で人が入り飛んで移動。ごめんねぇ

Img_9678

飛んだ先が保護区の外の田んぼ
東干拓中央の道路からも近いので、遠めに観光客も見守ります

肝が太いマナヅルなのか?、べったり近づかなければ気にならない様子
隣の田んぼでは稲刈りのトラクターも動いてたけど、警戒して首は上げるけれど極端な行動を人がしなければめったなことでは飛び立たないみたい
まだ到着したてだから、栄養補給優先でとにかく食い気?

そして、この近辺の立地に慣れてるような移動の仕方
昨日のねぐら入りは「歩いて」
足環ないから何とも言えないけれど、去年もこの付近にいたツルかもね?

Img_5264

14時過ぎに、うっかり近づきすぎたカメラマンがマナヅル飛ばしちゃって、あたりを探索するように大きく東干拓を外れて福の江方面まで高く上空旋回
長い長いお散歩飛行のあと、東干拓の東隅奥の田んぼに降りて採餌

羽根もきれいだし、特別けがをしてる風でもない様子
皆さんも気になってる雨覆は飛んでても色がついてるように見えますね
私も昨日から気になってた

今日のねぐら入りは、この東隅奥から陽が陰り始めた17:38に低~く飛んで直接ねぐらに降りました
あたりの様子を見て、水飲んでゆっくり歩きながら採餌しながら過ごすみたい

Img_9677

東干拓の水がたまった後耕耘してる最中の田んぼに、セイタカシギ2羽とツメナガセキレイかなあ?と思われる2羽、サギ類がたくさん集まってました
鳥もまだ移動してる最中らしい
アマツバメも監視所付近、飛び回ってます

つい先ほど、20:00頃?家でツルの鳴き声みたいなのが聞こえたらしい・・・
この夜中に来てるか?期待しすぎて空耳?
明日増えてるといいなあ

マナヅル第1陣飛来

Img_0146

今シーズン初めて、ツルの飛来がありました
マナヅル1羽が11:30頃荒崎にて確認されました
その後、東干拓の保護区に飛んで移動
夕方までそのまま、採餌して過ごしたようです

カラスが何羽かにずっとちょっかい出されてましたが、威嚇して躱してました

2015年10月 9日 (金)

Img_9670

10月に入り、東干拓に監視所が設置されました

Img_9664

目隠し網は、強風に配慮して青網多めになっております

Img_9667

保護区内は、鳥たちの楽園に
チョウゲンボウも、悠々と狩りの最中

ツル待ち人も、日々多くなってきてます
今年はいつ頃の渡来でしょうか?
そろそろツルシーズン始まります

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ