フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 徳島)ナベヅルの県内飛来・越冬、過去最多 | トップページ | 6/27 »

2016年6月24日 (金)

タンチョウと共存へ 鵡川河口で看板設置

タンチョウと共存へ 鵡川河口で看板設置  朝日新聞(6/15付)

鵡川の河口近くに看板を設置するメンバー=むかわ町

■むかわ・市民団体が設置

 道央圏で初めてむかわ町周辺に定着したタンチョウを守ろうと、市民団体「ネイチャー研究会inむかわ」(小山内恵子会長)のメンバーが、タンチョウとの共存を呼びかける看板を鵡川河口に設置した。

 看板は12日に2カ所設置された。「タンチョウが好きなあなたへ」という見出しのもとログイン前の続き、「昨年、心無いカメラマンに追われてヒナが用水路に落ちて行方不明になってしまった」と記し、「タンチョウに近づくことがヒナを危険にさらします。見かけても近づくことなく、そっと離れて」と訴えている。

 研究会は悲しい事故を繰り返さないよう、「そっと見守る」姿勢から、積極的に「伝えて守る」姿勢に転換し、3月に「むかわタンチョウ見守り隊」をつくった。子育ての時期に向け、町広報で町民に知らせるとともに、小冊子を作成したり、タンチョウ生息地への進入禁止標識を設置したりするなど、精力的に活動している。

 同会によると、定着6年目になる今年も無事にヒナが誕生し、今月8日から見守り活動を始めたという。小山内会長は「ヒナが無事に大きく育ってくれることを願うだけです」と話した。

 (深沢博)

« 徳島)ナベヅルの県内飛来・越冬、過去最多 | トップページ | 6/27 »

ツルニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徳島)ナベヅルの県内飛来・越冬、過去最多 | トップページ | 6/27 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ