フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

北帰行第13陣

Dscn5051

朝の東干拓ねぐら
マナヅルが集まっています
ざっと数えてマナヅル155羽
荒崎はいくらだったんだろうなあ

Dscn5052

ナベヅルが移動しても、マナヅルはなかなか動きません

Dscn5056

今日で東干拓の保護区期間が終わり
エサも東干拓は今日で終わりです

Dscn5061

陽が高くなってくると、東干拓の処理場前にマナヅルが集まってた
ゆっくり羽繕いであまり食べてる風ではない
北帰行する気だねえ

Img_1572

9:06 北帰行開始

Img_1576

風が若干強く、苦労しているみたい
江内方向に押し戻されたりしてようやく鉄塔近くで山越え

Img_1588

荒崎の保護区の外にもマナヅルの群れ
首を上げて、あたりを見てる様子

Img_1592

帰っていくね

Img_1600

また、秋に待ってるよ

本日の北帰行
9:06~10:50
マナヅル134羽 ナベヅル611羽
合計745羽

Dscn5063

そろそろシギチのシーズンが来る
ムナグロかなあ
ぽつぽつ見られるようになってきました

2017年2月27日 (月)

北帰行第12陣

Dscn4963

朝のねぐら
東干拓はマナヅルが集合
寝る前に会議でもしたかな?

Dscn4968

監視所前
車が通って、ちょっと警戒

Img_1564

今日の北帰行は、9時半過ぎから飛んでいたらしい
遠くから見ると、空は白くかすんで飛んでる風には見えなかった

雨掛山越えが多かったみたい

本日の北帰行
9:34~11:23
マナヅル125羽 ナベヅル914羽
計1,039羽

Dscn5010

夕方、車通りが少なくなると道路にツルが出てきてる

Dscn5025

ナベヅルはひっそりと隠れた場所で水浴び

Dscn4976

マガンがツルの間を縫って動き回る
それでいて、人に気づかれないようにツルに隠れるように移動

Dscn4993

コクマルガラス、まだ混じってます

Dscn5006

シギチが入ってきました
やっほ~い
コチドリが水たまりで水浴び

2017年2月25日 (土)

北帰行第11陣

Img_1512

大分、微妙な曇りかげん
しかも北帰行の進行方向が、雲に覆われてて・・・
どうするかなあ?と思っていたら、9:30にナベヅル3羽が飛び出して北帰行始まりました

まっすぐ野口港方面へ
マナヅルが先だとばかり思っていたから驚き

Img_1527

最初の少数が飛び立った後は、ぴたりと飛び立ちが止まる
終わり?と思っていたら、10時過ぎからあちこちから一斉に飛び立ち
行く先に青空があるのがいいみたい

Img_1541

カウントしてる上空を旋回したり
たくましい羽ばたき

Img_1542

少しずつ高度を上げるけど、なかなか進まない

Img_1545

マナヅルナベヅル混群
飛んでいるのを下から見ると、タイミングによっては見分けがつかない
時折キラッと白く光るのがマナヅルだけど、角度でナベヅルも光を浴びて白く見えることがある
帰っていくのもいるし、戻ってくるのもいるし
カウントは本当に大変

そのうちに堂山上空で旋回、見えなくなっていきました

本日の北帰行
9:30~11:30
マナヅル96羽 ナベヅル489羽

Img_1515

ヘラサギは移動で飛んでるだけ~
まだ帰らないらしい

2017年2月19日 (日)

北帰行第10陣

Dscn4795

朝の東干拓監視所前
道路上でぼーっとしてるマナヅルはいるんだけど
明日は天気が悪くなるし、飛ぶのかどうか判断迷うところ・・・

Dscn4798

マナヅルも残り少なくなってきているので、飛ぶんだろうか?

Img_1098

気をもんでいたら、9:39 マナヅルが飛び立ち始めました
始まった!
蕨島方面へ、低く低く旋回もせずまっすぐ見えなくなる

Dscn4799

羽数調査場所に集まったギャラリーもみんな大興奮

Img_1134

山越えのツルたちは、高い高い残月の高さまで飛んで旋回
山の稜線を越えて消えていきました

本日の北帰行 9:39~10:51
マナヅル130羽 ナベヅル71羽
計201羽 

2017年2月16日 (木)

北帰行第9陣

Img_1080

今日の北帰行は、
カウント場所で旋回してくれました

10:33くらいから低く、野口港方面へ見えなくなりました

Img_1063

ナベヅルマナヅル入り乱れての飛行

本日の北帰行 10:33~11:35
マナヅル142羽 ナベヅル60羽

Dscn4747

クロヅルが集まってる~

Dscn4733

これを食べなさい~嘴渡し
すごい勢いで、つっこんだなあ

Dscn4727

おひるはゆっくりゆっくり

Dscn4716

キマユツメナガセキレイ、まだいた

Dscn4715

ん~。
ムネアカタヒバリのつもりだったけれど、ちがうかも・・・

Dscn4721

あぜで、待機のハヤブサ

Dscn4740

電柱で羽繕い中

Dscn4766

マガンがナベヅルの足元でうろうろ


2017年2月15日 (水)

北帰行第8陣

Img_0990

きれいな空
青空が広がっています

9:52 荒崎の保護区の中からマナヅルが飛び立ち始めました
飛び立ち初めのツルは、すうっとまっすぐ港方向へ飛んで見えなくなりました

Img_1014

あとからあとから、飛び立ちが続きます
力強い羽ばたき
方角的に逆光なのが残念ではあるけどね

Img_1021

そのうち、江内方向で旋回上昇するグループが高く高く上がって、雨掛山稜線を進んでいきます

高い!

Img_1029

キラキラ光る大雨覆いは、高く飛べばマナヅルもナベヅルも区別がむずかしくなる

本日の北帰行は、9:58~11:30
マナヅル216羽 ナベヅル31羽
の、計247羽

でした

2017年2月13日 (月)

北帰行第7陣

Dscn4642

東干拓監視所前
カナダヅル相変わらずいます
マナヅルも道路わきにも多い
あんまり食べてない?

Dscn4657

なにやら首を上げて空見ている様子・・・

Dscn4660

ナベヅルは・・・
この辺のは行く気なさそう?

Img_0911

10:08 北帰行開始です

Img_0925

江内上空高いところを旋回してるツルの群れ

Img_0936

稜線沿いに高いところを北の方角に進めたツルたちは、鉄塔を過ぎ
高く高く見えなくなっていきます

Img_0941

ナベヅルも帰る

Img_0981

東干拓で鳴き合い、何やら盛り上がってる2羽

Img_0954

そのうちに何かいつもとは違う力強さで飛び立ち始め
東干拓で何度かくるりと旋回し、荒崎を越え行人岳方面へ

またね、秋にね

本日の北帰行
10:07~11:40
マナヅル1096羽 ナベヅル47羽

Dscn4651

寒波が来て、オオジュリンがちょっとだけ増えました

2017年2月 6日 (月)

北帰行第6陣

Img_0885

曇っているのに・・・
11:05から飛び始めたマナヅルたち

Img_0892

青空の近くで旋回します

Img_0895

11:06から11:38まで200羽余りのマナヅルが飛んで、
荒崎に戻りもおおく
マナヅル79羽が北帰行しました。

2017年2月 3日 (金)

北帰行第5陣

Dscn4435

お天気です
北帰行日和
東干拓の監視所前もエサはもう残ってなくて、道の両側には北帰行しそうな空を眺めてるマナヅルが

Dscn4436

荒崎の保護区の中も、空を見上げてるグループ

Dscn4441

北帰行待ちの人たちも集まって、まだ飛ばないまだ飛ばない・・・
10時のチャイムが鳴ってからしばらくして・・・
10:09頃から飛び出しました
野口港方面へ低めにまっすぐ

飛んでくるツルたちを見ていると
あら、ナベヅルも混じってます

Img_0791

大きく力強い羽ばたき
いくぞー

出水で過ごしてるときにはあまりしない羽ばたきの感じ

Img_0805

連なって、風をつかんで上昇気流のあるところを探しながららせんにくるくると飛んで高度を上げます

Img_0817

ナベヅル家族も帰ってくの?

Img_0822

そのうちに雨掛山沿いを旋回するツルたちも出てきました
蕨島付近から雨掛山沿いまで
それぞれのツルたちが上昇気流を探して飛びます

Img_0840

旅の無事を祈ります

Img_0848

また、秋に逢いましょう

本日の北帰行
10:09~12:30
マナヅル789羽 ナベヅル7羽

2017年2月 2日 (木)

北帰行第4陣

Dscn4314

朝の東干拓

Img_0732

東干拓をマナヅルの群れが飛んでいくと思っていたら、雨掛山付近旋回するマナヅル発見
10:13 北帰行始まりました

江内港方向まっすぐ低めにすすんでいったらしい

本日の北帰行
10:13~11:42 マナヅル220羽

Dscn4337

なんか、カナダヅル1羽大きい
ナベヅルと大差ないような・・・

Dscn4432

野良猫侵入
板切れでツメ研いでますよ・・・

Dscn4317

ホオジロ
鳴いてます

Dscn4335

今年はヨシガモ、よく見かけます

Dscn4415

地上で見ると、さらに美しいわぁ

Dscn4378

チョウゲンボウに近くでにらまれちゃった

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ