フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 北帰行第19陣 | トップページ | 北帰行第21陣 »

2017年3月17日 (金)

北帰行第20陣

Img_1799

9:31より、荒崎の保護区からツルたちが飛び出してきました
クロヅル混じってるー

Img_1801

堂山を越えていきます
ただ、ここで旋回してずっとずっと見えなくなるまで・・・が時間がかかってる

Img_1810

荒崎の中で旋回したあと、スピード上げてスーッと進んでいく群れも

Img_1815

鉄塔越えの群れは、とても高く上がっている
風に引き戻されて堂山越えになる群れも

Img_1817

マナヅルも飛びましたが、旋回してナベヅルの群れと一緒になって飛ぶので、山を越えるまで見ておかなければ荒崎に戻ったのか、帰ったのかわからなくなる
首が痛い

本日の北帰行 9:36~10:55
マナヅル5羽 ナベヅル1,757羽 クロヅル2羽
合計 1,764羽

Dscn5434

工事も入っているので、保護区内はだんだんまばらになってきました
当然、このほかの場所に降りてるツルも多い
あとどのくらいかなあ?
5000以上はいるのでは?と予想
5000~7000?

« 北帰行第19陣 | トップページ | 北帰行第21陣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北帰行第19陣 | トップページ | 北帰行第21陣 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ