フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

3/31

Dscn5652

3月31日荒崎の保護期間最後の日
残りのナベヅルが飛び回っております
目隠し網が取り払われてから、幼鳥だらけの群れだけれど警戒心が日に日に強くなってきています

もう遮るものもないのですが、ぱらぱらと鶴見客の方もいらっしゃっている様子
春休みだから?暖かくなった?おじいちゃんおばあちゃんとご家族の方や年度末、年度初めで会社関係の方かしら?
農家さんの作業の邪魔にならないように見学お願いします

Dscn5653

今迄まかれていて食べきれていない小麦餌を食べております
工事車両入ってたから落ち着かなかったものね

Dscn5613

最近の鳥たち
カンムリカイツブリだんだんと夏羽に
坊ちゃん狩りですな

Dscn5628

セグロセキレイ水浴び中

Dscn5634

なんかヨシガモ多いんですが・・・

Dscn5649

一度姿を消していたツクシガモ
残ってたの?

Dscn5651

セイタカシギ3羽
いたりいなかったり
水位の関係かな?
だんだんとシギチが見られるようになったらいいなあ

2017年3月28日 (火)

北帰行第24陣

Dscn5589

朝、早朝からもう重機が入って工事中
この道路の左の方には作業されてる工事の方がいます
でも、昨日も日中の工事中はここではエサが食べられなかったので、まかれた餌も残ってる上に+また今朝もまかれた餌を目当てにツルが何とか頑張って採餌中

Dscn5587

今朝は、8時過ぎから目隠し網の撤去も始まりました
守られていた境が取り払われていきます

Dscn5586

作業が本格的に始まると、工事車両の行き来も増え、センター前から保護区の外の西側の田んぼへ移動するツルたち
マナヅルいます
こうやって見るととくに不具合はなさそうなんだけどな?

Img_2012

靄があったのか、風が全くなかったからなのか、飛び立ち始めは9:03
野口港方面へまっすぐ低くナベが22羽飛んでいきました
このとき、マナヅルも飛んだのだけど、すぐに荒崎戻・・・

Img_2028

それから静かになったのでもう終わり?とおもった9:20
ものすごい勢いで荒崎からどんどんツルが飛んできます

高く上がっては戻され、荒崎で旋回上昇
野口港方向高高度

その後、鉄塔付近を越える4羽も

Img_2034

一度収まった北帰行がまた10:24から飛び出しました
工事車両が動いて群れが飛び出したよう

また一度戻ったマナヅルが群れにいます
一緒にナベヅルと飛んではいるけれど、1羽だけルートが微妙に違う

Img_2037

ナベヅル幼鳥がひっついていますが、そのうち1羽で群れの間を必死に飛んでいます
そののち、雨掛山高高度で山越え

種が違うと、大きさバランスなどの影響なのか、飛翔が違うんだなあと見ていて思いました

本日の北帰行 9:03~10:50
マナヅル1羽 ナベヅル604羽
合計 605羽

Dscn5591

残りのツルたちは荒崎の保護区の外に2群
縄張りや個人行動のツルも確認できてるだけではごく少数・・・

Dscn5592

数えてみると、座ってたり重なってたりで横からカウント誤差はあるけれど、400前後ではないかな?
これからは、外の縄張りのツルもだんだんと集まってきてるとは思うし、昼の時間縄張りに出かけてるツルもいそうなので若干増はあると思われます

Dscn5600

工事はお天気がいいうちに日中フル稼働
道路上のエサが残ってますね

2017年3月26日 (日)

北帰行第23陣

Img_1907

こんなにカスミが強い日

昨日は夕方まで雨は降っていたけれど、日の出過ぎから雨は降ってはいないし、
日曜日ではあるけれど工事車両は数台ではあるけれど動いている。
このくらいの天気では、ナベヅルは韓国までたどり着かないで九州のどこかに降りるとしても、出水からの北帰行はするだろう。

工事車両が動いて、荒崎東干拓内移動はしてるけど、なかなか飛んでいかないなと思っていたら・・・

9:46 ツルたちが動き始めました
そして出てきた初めの群れはスーッと低いまままっすぐ野口港方面へそのまま消えていきました
その間、1分!
速い

Img_1914

その後、続々荒崎から飛び立ってくるツルたち

Img_1917

どんどん出てきます
こんな調子でずーっと

Img_1927

その後10時過ぎくらいからは、高く上がって荒崎の中で旋回するグループ
上がってしまうと、なかなか進まずずっと旋回
高いところまで上がってしまう

山沿いを進んで飛んで高度を上げるツルたちは堂山上空から山越え

Img_1940

あ、クロヅル
首まで確認します
時々、白いナベヅルがいるからなあ

Img_1944

10時ごろ、高いところで旋回するツルたち
見ていると首が痛くなります
北帰行できるのかな
何とか調子よくスタートしてほしい

Img_1969

帰っていくね

Img_1970

荒崎の東側でどっとツルが飛び上がった
人の動きで飛び出したんだろう

本日の北帰行 9:46~11:15
ナベヅル984羽 クロヅル1羽
計985羽

Dscn5547

北帰行後、荒崎から東干拓を通って帰っていたら、群れが複数降りていた
あれ?結構な数が残っています
200~300?
まだほかにも降りてそうだからもうちょっといるのかなあ?

2017年3月24日 (金)

北帰行22陣

Dscn5510

朝8:00頃の観察センター前
センター前に集まっています

今朝は、給餌していた7:00頃北帰行が始まったのを目撃されていました。
ただ、一般の人の通報だったため、本当に飛び立っていってしまったのか?それとももどってきたのか?何羽飛んだのかまではわかりません。

ただ、連絡を受けて私が荒崎についたのが8時ちょっと前。
空にはツルは1羽も飛んでおらず、工事が始まる直前でした。

Dscn5521

工事が始まってしばらくした8:25頃から飛びはじめ。
ここからカウントです。

Img_1849

大分苦労しながら、荒崎の中で旋回上昇

Img_1855

ぐるぐる何度も回ります
時間をかけて飛んでいます
この時点で、パラパラと荒崎戻りも

Img_1899

ようやく山手のほうに行ったツルだけ、稜線沿いに進みます
ここまで来ると、なんとか行けるツルがほとんど
それでも時間がたってから、山を越えたのに戻ってくるツルもいました

堂山越えが多かった様子

断続的に風具合によって時々飛び立ちが止まり、そののち、工事の進行具合で工事の方の移動によってまた飛んで飛び立ちが始まりの繰り返し
11:30くらいまでそれが続きました

本日の北帰行
確認できただけで、8:25~11:47
ナベヅル1,577羽 カナダヅル3羽

Dscn5531

残り、このほかにもあちこちに群れがあって正確には数えられない
1000羽いるかいないか?いないかなあ?
明日の朝一にねぐらにいるのを数えないとわからない状態です

Dscn5533

離れたところにポツンといるナベヅル幼鳥
こういうのが残りそうで怖い
ほら、団体行動しないとおいて行かれるよ

Dscn5534

工事してる場所を逃れて、東干拓に
それでももう、オンシーズンな時と違って人を見ると距離をとらないと警戒が激しい

Dscn5536

群れの構成が幼鳥ばっかり・・・

Dscn5527

マナヅルも1羽のこってます
残るな~ちゃんと帰るんだぞ~~~

2017年3月22日 (水)

北帰行第21陣

Img_1823

朝、家で眼鏡を探していたら出遅れました
8:57から飛んでいたようです
若干霞気味の空に、風もある程度吹いている
保護区内の田んぼの復旧工事がだんだんと中央寄りになってきていて、保護区の外にも避難してるツルの群れがたくさん出ていました

Img_1828

10:05 カナダヅルが飛んでる
これからずっと見続けないと、飛んで帰ったとは言えない
慎重に双眼鏡であとを追いかけます

Img_1830

その間も、次々とツルたちが飛び出してきます

Img_1840

どこに行った~カナダヅルと空を探していたら
10:21 荒崎の保護区の外の田んぼに降りてきました
15分の飛行でした

本日の北帰行 
8:57~11:10(飛び立ちは10:47までに終了)
マナヅル3羽 ナベヅル2,944羽
合計 2,947羽


2017年3月17日 (金)

北帰行第20陣

Img_1799

9:31より、荒崎の保護区からツルたちが飛び出してきました
クロヅル混じってるー

Img_1801

堂山を越えていきます
ただ、ここで旋回してずっとずっと見えなくなるまで・・・が時間がかかってる

Img_1810

荒崎の中で旋回したあと、スピード上げてスーッと進んでいく群れも

Img_1815

鉄塔越えの群れは、とても高く上がっている
風に引き戻されて堂山越えになる群れも

Img_1817

マナヅルも飛びましたが、旋回してナベヅルの群れと一緒になって飛ぶので、山を越えるまで見ておかなければ荒崎に戻ったのか、帰ったのかわからなくなる
首が痛い

本日の北帰行 9:36~10:55
マナヅル5羽 ナベヅル1,757羽 クロヅル2羽
合計 1,764羽

Dscn5434

工事も入っているので、保護区内はだんだんまばらになってきました
当然、このほかの場所に降りてるツルも多い
あとどのくらいかなあ?
5000以上はいるのでは?と予想
5000~7000?

2017年3月16日 (木)

北帰行第19陣

Dscn5417

どんより空です
低温で、太陽もほとんど出ていません
普通だったら、こんな日は北帰行はないけれど・・・

Dscn5418

4/1に荒崎の保護区内を農家さんに返すための復旧工事が、昨日の午後から始まっていました

Dscn5402

ツルに配慮して、保護区の北の端のほうから工事始まっています
普段はいらなかった人が入ると、ツルもそわそわしています
少なくとも、人が入っている場所の縄張りのツルたちはもういません
どこかに移動している様子

Dscn5419

9:22 寒いのに、空がなんとなく青みが出て明るくなってきた?くらいの時にツルが飛び始め、雨掛山沿いを旋回
堂山付近で越えて行っている様子でした

ただ、戻ってくるツルも多く、すぐにまた天気がどんよりになってしまい、北帰行に飛び立つツルもいなくなってしまいました

本日の北帰行 9:22~10:07
ナベヅル 299羽

Dscn5420

マナヅルがのんびりしすぎ・;・
飛ぶ気配なし確認できたのは、6羽か?

Dscn5408

マガンもまだいる・・・

Dscn5426

ようやく荒崎にもメジロがきました

2017年3月12日 (日)

北帰行第18陣

Img_1774

寒いし、カウント地点では地上の風は強めに吹いてるし、行人岳方向は薄もやだし・・・
飛ぶのか?と思っていたら、太陽周りの雲が取れてきた10:07
パラパラとナベヅルが3羽6羽3羽飛び出してきました

Img_1784

飛んで気流をつかめばそのまま野口港方面へすうーっと
速い速い
ただ、山向こうで何度もずっと旋回してる様子が見えました

Img_1787

何度も何度も旋回して、そんな中荒崎戻のツルも多い
みんな無事に帰るんだよ

本日の北帰行 10:10~10:45
ナベヅル118羽

2017年3月11日 (土)

北帰行第17陣

Img_1706

9:32ぐらいから、荒崎よりナベヅルがスーッと飛び立ってきました
寒くて風もあって、どうかな?と思っていたけど、やっぱり帰るんだ

Img_1718

山手のほうもツルが飛んできて、何度か旋回
苦労してるようだけれどある程度のところまで来るとスーッとスピードを上げてそのままVになって山を越えていきました
Vのときのスピード結構速かったです

Img_1723

山向こうまで行ったところで、また旋回して見えなくなるまでの時間がかかっていたみたい

Img_1773

出てくるのはずーっと10:25まで途切れなく続いたけれど、戻ってくるツルも多かったです

本日の北帰行 9:36~10:25
ナベヅル474羽

2017年3月10日 (金)

北帰行第16陣

Dscn5331

空は青いけど、行人岳方向靄がある・・・
お天気でナベヅルは行く気満々

Dscn5328

東干拓にカナダヅルが集まってる
あんまり飛ばなさそうなくつろぎ感・・・

Img_1680

観察センターから見ていたら、飛び始めが分からなかった
もやってたから気づくのに遅れたみたい
野口港方面へ低く飛んで行ったナベヅル一群とマナヅルを見逃し
9:44から飛んでいたらしい

そして、マナヅルは6羽飛んで、1羽戻ってきたとのこと羽がおかしい?と見た人は話してたみたい。去年の居残り?

飛びはじめは野口港方面、そののち堂山越えルート
風が時折突風みたいに吹いて、なかなか山越えできない群れもあった

Img_1689

後から飛んだ2羽は、荒崎に戻ってきちゃった

本日の北帰行
9:44~11:14
マナヅル5羽 ナベヅル1,207羽

Dscn5325

東干拓は、畔の復旧工事進んでいます
半年でこんなになくなってる畔
つるはし(ツルのくちばし)の威力

Dscn5327

隠れています・・・

2017年3月 4日 (土)

北帰行第15陣

Dscn5167

北帰行直前の荒崎センター前
行人岳方向は若干霞気味で雲もある状態

Dscn5163

マナヅル落ち着かない様子
どうするのか、相談中?

Dscn5180

そわそわ空を見てたり、羽繕いしてたり
そのうちに、じわっとお互いの距離を広げて10時過ぎに飛び立ち、北帰行していきました

Img_1634

9:56 飛び立ったのはナベヅル
それを見て、マナヅルがさーっとあちこちから飛び立ち始め、蕨島方面で旋回
そのあとは、ナベヅルが次々飛びはじめ、徐々に雨掛山方面で高く上がって旋回

Img_1650

ナベヅルの中にひときわ白い個体が
よく見るとカナダヅル1羽が混じって飛んでました

この群れが、このカナダが飛んでいくのかどうか?
かかりきりで見続けます

ようやく見えなくなると、ほっとする~
その後も帰ってこないかどうか?羽数調査場所は緊張が続きます

Img_1657

ずっと西の方で旋回していたナベヅルの群れがようやく進み始めました

本日の北帰行は、9:56~11:41
マナヅル15羽 ナベヅル838羽 カナダヅル1羽 合計854羽
でした

もうマナヅルはあと数羽しかいない?
ナベヅルは、あちこちでゆっくりと過ごしています
最近群れが入らなかった場所でも、ナベヅルの群れが復活してるみたい

2017年3月 3日 (金)

北帰行第14陣

Dscn5104

東干拓に朝のうちに集まってたマナヅル
+あともう一群れ

あんまり熱心に食べずに空見てたりきょろきょろしてる
今日も北帰行飛びそうだね

Dscn5116

観察センターから見えるマナヅルたちも、羽づくろいしたりぼーっとしてたり北帰行しそうなのがいる

Dscn5121

とぶよー、帰るよーってマナヅルが、何羽か顔を見合わせて飛び立ち始めると、次々に他の場所にいたマナヅルたちもそろって飛び立ち蕨島方向から北帰行

Img_1629

そのうちナベヅルもパラパラ飛び立って旋回
時間がたつにつれ、山越えルートも多くなって高いところから北帰行

本日の北帰行は、9:45~11:20
マナヅル139羽 ナベヅル1,308羽 計1,447羽

残りのマナヅルはあとちょびっと
マナヅルが飛び立ち終わった位に荒崎で見てるとあと20~30?羽といった感じ

ただこれからは、方々に出かけてるのやら、もともと荒崎の外で越冬していた家族やらが毎日荒崎に戻ってきてる風な数の増え方をするので、朝数えていても、あれえ?増えてる・・・な時期です

Dscn5108

マナヅルが少なくなったからか、ナベヅルが出水の生活を謳歌してます

Dscn5127

観察センター1階でコーヒー飲みながら鶴見
しあわせ

窓の中、あたたかいところからツルを見る
人間の世界と、ツルの世界
ある程度の距離を保って尊重し合うのが理想
いろいろ考えてるとおセンチになってしまうのは何故だろう?

Dscn5144

足のお手入れに余念がありません

Dscn5145

エサを探してあちこちほじくりまわしてるものだから、くちばしが土まみれ
田んぼのあぜは壊れ放題
それでも農家さんが土の畔を残してくれてるからこんなにツルも集まって・・・

Dscn5149

一所懸命踊ってみてるのに、相方はじーっと見てるばかり・・・
子供も、じーーーーーーーーーーっ
結局相方は踊ってくれなかった・・・
一羽で盛り上がっててなんか切ないよ

Dscn5112

マガン、まだナベヅルに紛れて越冬中
かくれんぼがうまいです

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ