フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

Dscn9282

雨がパラパラ降っています

Dscn9280

クロヅル幼鳥と思われるツル
がっしりしてる

Dscn9300

ナベヅル幼鳥の足元にヒシクイ
ヒシクイをじーっと見てどうするの?どうするの?ってびくついてたナベヅル幼鳥

Dscn9328

クロツラヘラサギ、寝てるかと思ったらこっち見てる

Dscn9321

ホオアカようやく撮れました
ちょっと前からきてたけど、なかなか撮らせてくれない
じっくりゆっくりの日じゃないと、小鳥は難しいなあ
実はツリスガラもちょっと前に来てたんだよね・・・
時間とれなくて見るだけでした

Dscn9329

オオジュリン来ました
待ってたよ~
近頃いい葦原が少なくなってて寂しいです

Dscn9334

ツグミは群れでどさっと見れました
どこかに何かが紛れていないものか?

Dscn9337

ノスリもずいぶん前からきていましたが、ようやく撮らせてくれた
さあ、冬がだんだん楽しくなってきましたよ~

2017年11月28日 (火)

Dscn9242

お昼は水浴び
こんな稲株の間の雨水のたまったところで
水たりてる?

Dscn9259

ぱくぱく一粒ずつ食べます

Dscn9268

マナヅル、少し目立ってきた

Dscn9272

羽ばたきしてみる

Dscn9243

来てました
小鳥も種類が増えてるかなあ?

2017年11月27日 (月)

Dscn9193

どこかで群れがとばされてる
逃げられる場所がいくつもあるって大事

Dscn9200

ツルを追いかけて追いかけて・・・
その辺にいた何百のツルの群れが飛んだ
ツルは飛ぶ前にフンをすることが多い
おばあさんは、ツルが何百もいたその道を歩いている

その後、おばあさんはそのまま車の中へ

わたしは、おばあさんに靴裏消毒してほしい

Dscn9202

いつも気になっているふわふわの羽
この部位はどこだ?

Dscn9218

販売されているツルマチ米の一部は、この田んぼで収穫されたもの
ツルシーズンはこんな感じです

2017年11月25日 (土)

Dscn9187

今朝は、第3回羽数調査が行われました。
私はいつも東干拓のカウントをする、高尾野中のお手伝いをさせていただいてるのですが、始まってすぐ、ツルたちが一斉に飛んでライン上をぐるぐるまわるということがありましたが、高尾野中の生徒たちが頑張って数えてくれて、なんとか成功することができました。

ナベヅル 14,907
マナヅル 434
カナダヅル 7
クロヅル 7
ナベクロヅル 5

の、合計 15,360羽でした。

数えられました~
よかった

Dscn9190

ズグロカモメが堤防に~
なんだかいつもむっとした顔のように見える模様ですが、かわいいなあ

2017年11月24日 (金)

Dscn9122

早朝の荒崎ねぐら

Dscn9130

白ぶちのナベヅル
色の出方がはっきり
目立つ!

Dscn9126

コクマルガラスの成鳥
くちばしのあわせがおかしい
口元ずらしててしっかり閉じてないだけかなあ?

Dscn9132

今日は、海沿い電柱に4羽のミサゴがお食事中
大漁みたいです

Dscn9165

食べた後はくつろいでる

Dscn9140

ハイイロチュウヒ♀は、いつもヒューっと通り過ぎていく
コンデジでは撮影無理~

Dscn9154

この恋、許していいのか?
クロツラヘラサギとヘラサギが仲良しすぎる

Dscn9157

ずっと鳴いてたオオタカ
気に入らないことがあったらしい

Dscn9183

アメリカヒドリではなさそう
残念

2017年11月23日 (木)

Dscn9100

雨がやみましたよ
親子そろって、はづくろい

Dscn9097

はづくろい熱心すぎて、くちばしに羽

Dscn9110

雨、止んだね
うれしいね

2017年11月21日 (火)

Dscn9045

昼前の観察センター前
少なーいっという観光客の声が・・・
これでもけっこういますよ?数えてみては?

Dscn9054

いじめっ子のナベ幼鳥
こらっ、あっちいけとマガモめがけてくちばしを突き出す

Dscn9059

ぷちっぷちっと一粒ずつひきちぎって・・・
食べた後は、色が変わって見えます

Dscn9075

ツルのいる道路を通った後は、消毒しておかえりください

Dscn9081

群れが一斉に飛び立ち

Dscn9049

ツルのねぐらで、クロツラヘラサギがお休み

Dscn9051

ツルマチ米が、観察センターの売店で販売されていました

2017年11月20日 (月)

Dscn9011

なかなか道路の上のエサが減りません
給餌の小麦よりも野のエサのほうがいいのだろうな

Dscn9013

マナヅルが増えてきて、小競り合いも多くなってきました

Dscn9031

人通りがあまりなく、ツルが勢力を増しています
お帰りの際はタイヤや靴底の消毒をお忘れなく

Dscn9036

かくれんぼしてるの

2017年11月19日 (日)

ツルマチ米

Dscn9010

この週末、出水では大産業祭が行われていました。
そこでお買い物すると抽選券がもらえたのですが、その抽選券2枚とツルマチ米2合と交換していただけました。

Dscn7172

東干拓の田んぼで作った「なつほのか」という新しい品種のお米だそうです
ツルマチ米のお味はどんなでしょうか?たのしみです

残念ながら、11/18の羽数調査は雨天のため中止になりました

Dscn8960

寒そうな早朝ねぐら
もそもそ動くツルたち

Dscn8999

タヌキがいました
ツルは、特にナベヅル幼鳥はそろそろ威圧的に後を追って歩いて追い出す感じ
タヌキ、いやだなあ・・・

Dscn9007

ねぐら入りのツルたち
夕焼けもいいです

Dscn8973

ズグロカモメ2羽入ってました
ふわふわ飛ぶのもいいけれど、川にいるのもいいね

Dscn8978

じっと見返されたとき、正面顔がちょっとまぬけなハヤブサ
はいはい、すぐ立ち去りますよ

Dscn8980

カイツブリがじっとしてる

Dscn9009

この立ち入り禁止看板の先は入らないでください
歩いてでも、車でも!

2017年11月17日 (金)

Dscn8941

マナヅルが徐々に増えてくると、ナベヅルが保護区の外で生活しだす感じ
小高く土を積んだところの上もナベヅルは好き

Dscn8944

草の中にも入り込みます

Dscn8950

保護区のすぐ外の道路もツルでいっぱい
畔や水路で過ごすのも好き

Dscn8957

まだ色が濃いマナヅル幼鳥がちらほら目に付く
マナヅル、このところの寒さで若干増えています

2017年11月16日 (木)

Dscn8893

荒崎、朝の飛び立ち
給餌のトラックが入ってくると、飛び立って空いっぱいのツルになります

Dscn8898

クロヅルと、ナベクロヅルのカップルの子
クロヅル幼鳥にそっくり・・・
もう見た目だとクロヅル親子に見えなくもない

とりあえず、ずっと目標にしていたクロヅル成長幼鳥一緒の写真は撮れたことにする・・・
出水に来るツルパンフを作り換えなきゃなぁ

Dscn8905

今日も、そこここでツルが道路に上がってる
帰り道は、観察センター前の消毒層で車のタイヤを消毒してから荒崎を離れるのがいいと思います
ふんだらけ!

Dscn8913

マナヅルも座ってる~

Dscn8912

あったかいのかなあ?
蟻浴っていうの見てみたい
これは違うよね?

Dscn8930

夕方ねぐら入り前
情熱的に、ぴょんぴょんジャンプしてます

Dscn8909

タゲリが何やら変なポーズ

Dscn8921

マミジロタヒバリ
私はやっぱり堤防で探してしまう
図鑑は草地とか川原って書いてある

Dscn8923

東京から来た方に、ツクシガモいませんか?と尋ねられて、まだ来てないです、寒くなってからとか言ってたら、昼過ぎにねぐらの奥に1羽入ってるのを発見!
何時からそこにいたんだ~
いたら目立つと思っていたけれど、ねぐらの奥にぽつりといられたらカモいっぱいの正面からは見えないことが判明

2017年11月15日 (水)

Dscn8856

そろそろ周辺のツルの群れおちついてるか?と思っていたけれど、まだだったようで瞬間最大警戒くらいました

Dscn8879

マナの幼鳥が目立ち始めました
これから寒くなるようだから増えるかな

Dscn8881

ならんでおさんぽ
どこまで縄張り主張する気?

Dscn8882

今年もいつもの場所で、ハートのお顔の方が過ごしていらっしゃいます

2017年11月14日 (火)

Dscn8842

夕方の観察センター前
食べてるツルたち

Dscn8784

ちょっと前よりは、マナヅルが目立つような…
ここ数日の寒波のせいでちょっとだけ増えてるかな?

Dscn8790

ポカポカ陽気で家族団らん

Dscn8779

ひとりでもひなたぼっこ

Dscn8833

今年、悩ませられてるクロヅルとナベクロヅルのカップルとその子供
幼鳥だけでいたら、私はクロヅルの幼鳥と言ってしまうの確実

このクロヅルに見えてるのも本当にクロヅルなのか?
そもそも出水のクロヅルって言ってるツルは、クロヅルなのか?
疑えばきりがない

Dscn8852

カモ類たくさん来ています
まだまだ移動の途中なんですかね?

Dscn8733

ムネアカタヒバリ
赤~いのみるとうれしい

Dscn8748

なんだかんだいってもカワセミは見かけると、うれしいです

Dscn8794

たまには、タゲリも正面から

2017年11月10日 (金)

Dscn8646

朝の飛び立ち
あちこち飛び回って、それぞれの場所に降り立つ

Dscn8645

いろんなところに降ります
そして、また飛び立ったり

Dscn8650

まかれた餌も、ようやくだんだんと手前のほうへ食べてきてます

Dscn8662

コクマルガラス、黒いのは10羽前後いるかなあ

Dscn8667

たまにカワセミが通ります

Dscn8674

ヒバリは蜜でも吸ってるのかなあ?

Dscn8687

ホシムクドリのこの模様はいつ見ても素敵

Dscn8704

ねぐら入り前に夕食
必死に食べてます

2017年11月 9日 (木)

Dscn8601

ポカポカ陽気で、座るツル続出

Dscn8602

巣ごもりのような状態
気持ちがいいんだろうなあ
ハイジのベッドを思い出す

Dscn8604

家族にざくざくとあたりをつつかれております

Dscn8609

ゆったりとしてたら、観光客が車から降りてきた
一斉に緊張

車の中からだったら、ゆったり安心してるツルたちが見られますよ
記念撮影もね・・・気持ちはわかるんだけど

サファリパークなどの車に乗って回る動物園に行ったとき、車から降りようと思わないでしょう?
人には人の生活圏があるけれど、動物にも動物の生活があります
それを見せてもらおうと思ったら、どうしたらよいのか?わかりませんか?

コウノトリの一件以来、あまりにも無知で横暴なカメラマンのやりように、一般の人のやりように、どうしようもなく憤りを覚えています

危害を加えないように適切な距離を保てば、普段のおっとりとした鳥が見られます
がつがつしないでもっとゆとりをもって見てもらえればなと思いますよ

Dscn8611

水場は大人気
高低差で隠れられるのもいい感じかも?

Dscn8620

じゃぶじゃぶ水浴びしております

Dscn8636

タヒバリがあちこちで飛び回り始めました
ようやくゆっくりみられる時期になりました

Dscn8638

ちょっと一休みのハヤブサ

2017年11月 8日 (水)

Dscn8545

縄張りを持っている家族は、郊外にも出てきてます

Dscn8549

近くに他のツルが来ると、それはそれは強烈に縄張りを主張

Dscn8562

保護区の中の二番穂が残ってるところはこんな感じ

Dscn8575

いばりんぼさん
家族のために、縄張り主張
お顔もきりっと

Dscn8587

子育て中
親のくちばしの先をじーっと見てて、餌があるとわかると横からぱくっと食べちゃいます

Dscn8589

道路にまかれた小麦は、まだなかなか食べません
二番穂や虫や土の中の何かのほうがおいしいらしい

Dscn8553

コクマルガラスの成鳥1羽ようやくきてます

Dscn8593

ひらひらタゲリが飛んでく

2017年11月 7日 (火)

Dscn8513

朝、靄ってます

Dscn8516

掛干しももう終わり
天気もこれから下り坂

Dscn8519

クロヅル幼鳥、大きいです

Dscn8535

ハマシギ
zzz

Dscn8539

そろそろタヒバリが目立ち始めてきました

Dscn8540

どわっと飛び立つアトリ
今年は当たり年みたいです

2017年11月 6日 (月)

Dscn8508

観察センター前
割と集まってます

Dscn8507

二番穂、食べてますね~

2017年11月 4日 (土)

Dscn8481

3日は、第1回の羽数調査の日でしたが、調査不能でした
まあそろそろナベヅルの数も出そろってきてはいるのですが、残念

Dscn8494

多くなったでしょ?

Dscn8493

そろそろ小鳥たちも、寒さで羽を膨らませてぷくぷくになってきてます

2017年11月 2日 (木)

Dscn8433

朝日で飛び立ち

Dscn8436

ねぐらから次々飛び立ちます
給餌のトラックが保護区に入ってきたからなんだけどね

Dscn8437

今年は周辺の稲刈りが遅れていて、掛干しと大勢のツルとが同居する景色

Dscn8472

もう観察センター前にもツルが大勢押し寄せています

Dscn8430

朝のねぐらでクロツラヘラサギがいちゃつく

2017年11月 1日 (水)

Dscn8380

朝の東干拓ねぐら
新たに出水についたと思われるマナヅルの群れ

Dscn8383

そのほかは、荒崎にいっぱい

Dscn8389

ねぐら、気に入ってるみたいです
朝焼けきれい

Dscn8417

日中は、各々あちこちに散らばって
ゆっくり過ごせているみたい

Dscn8421

毎年来てくれてるカップルのカナダヅルは、もういつもの場所の縄張り主張してます

Dscn8408

じみーにクサシギいます

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
無料ブログはココログ