フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« | トップページ | »

2017年12月 2日 (土)

Dscn9365

今朝は、第4回目の羽数調査が行われました
計測数字を計算中

結果は、
マナヅル 1,009羽
ナベヅル 13,107羽
クロヅル 9羽
カナダヅル 7羽
ナベクロヅル 5羽

の、合計14,137羽でした

Dscn9373

ねぐらに、ツクシガモが1羽だけ紛れてる
以前に来ていた1羽か?
寒くなったと思ってるけど、ツクシガモがどさっと
マナヅルがどさっとにはまだ早いんだなあ

« | トップページ | »

コメント

おはようございます
羽数調査無事に?できたのですね!(^^)!
まだまだマナヅルが少ないようですね
少しずつ、少しずつふえるのでしょうが

寒い中計測調査に携わられた方々、お疲れさまでした……と伝えたいですm(_ _)m

anegoさん、こんばんは。
無事にカウントできました。ヽ(´▽`)/
マナヅルがなかなか増えてきません。
今年は遅いね~と地元でも話しています。

ご質問ですが、
1)12/3の15:00前後に蕨島方向に大群が飛んでいましたが、それは飛来ですか?たまたま飛びあがたですか?
2)潟地区のある牧場近くに足環と背部に発信機らしいものが装着されたナベヅル一羽を確認しました。12/3/14:23
写真もとりましたが、必要があれば、送り先を教えてください。

Pasoa Yang さん、こんにちは。
(1)ですが、私はその日は見ていないのでよくわかりません。
ただ、蕨島方向にということなので、西干拓の群れが飛ばされたのではないか?と私は思いました。
飛来の時と移動の時は、飛ぶ姿勢など違いがあるときがあります。

(2)足環情報は、日本では山階鳥類研究所というところが扱っています。
http://www.yamashina.or.jp/

渡り鳥と足環のページ( Bird Banding )に詳しく書いてありますので、報告されるといいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ