フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

« | トップページ | »

2017年12月10日 (日)

Dscn9531

早朝ねぐらの中のマナヅルのかたまり
青いわ~
ナベヅルは大きさ的にマナヅルに埋もれる

Dscn9536

荒崎のナベヅルのかたまり
もうここまで来ると圧巻としか言いようがない
飛んでも飛んでも、ねぐらの中に残ってる数がすごい

Dscn9548

縄張り争い最中
すたっとかがんで~じーっとしたと思ったら、
すくっと立って けたたましく鳴きます

Dscn9584

こんな浅い水たまりの水を飲む
お皿のスープも飲めそう
エサの近くには水場が必要な気がするな

Dscn9570

ようやく見つけたトモエガモ
望遠鏡で見つけても、撮影するのが大変
毎年来てはいるけれど、見つけるのは難易度高いわ

Dscn9576

久々にすごーく近い場所にいたヘラサギ
ダイサギ、コサギに紛れてひっそりとたたずんでいます
近頃は、サギ類に紛れる術を取得したようだ

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ