フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

Dscn0873

甘えられる時間はもうあとわずか

Img_2817

風が強くて冷たくて、明日は雪の予報もあるのに
一応飛んでみたマナヅル

10:55 ほとんど高く飛ぶツルもいないのに、マナヅル数羽が上がり旋回
雨掛山の稜線にどんどん後退させられ戻ってきました

Img_2825

その後。11:10頃江内方面より旋回しだしたマナヅルがいましたが11:15戻り
本日の北帰行はありませんでした

風も強すぎるくらいあったのに飛ぶんだなあ


2018年1月27日 (土)

今シーズン初北帰行と入域規制

Kisei01

今日は昨年に引き続き第2回目の入域規制実験の日でした

Dscn0768

荒崎の観察センターに向かうには、文化町のクレインパーク出水から往復で
大人320円、大学生高校生250円、中学生以下120円の料金がかかります
チケット提示で、観察センタークレインパパークいずみ入場料無料

Dscn0770

バスに乗り込むのには、鳥インフルエンザ対策で靴裏消毒します

Dscn0779

バスの中では、出水市内の荘中学校で行われているツルガイド博士検定の1級に合格した生徒さんのガイド

Dscn0780

地元の自然や鳥などに詳しい専門家のガイドを聞きながら荒崎へ向かいます

Dscn0794

荒崎、東干拓の入り口では立入り規制をされていました
レンタカーも立ち入らせなかったんですね・・・

Dscn0792

9時くらいの荒崎
なにやら北帰行の気配・・・

してもおかしくはないと思いながら、また次の便でクレインパークに戻ると、
10:15 マナヅル4羽が北帰行したとのこと
気温が低かったのでむつかしいかもと思った矢先の出来事でした
これからは、天気さえよければ北帰行していくかもしれません

立ち入り規制は、明日1/28と、2/17,18にも実施されます

2018年1月23日 (火)

重要なお知らせ

Kisei01

Kisei02

Kisei03

Kisei04

Dscn0639

エサまきのトラックが来ても飛び立たないツルが増えた
寒いもんね~

Dscn0716

東干拓にもメジロが降りてきました

Dscn0721

ハチジョウツグミさんでしょうか?
尾羽なかなか広げないし、広げてもシャッタースピードが間に合わないでブレブレ~

Dscn0706

ひさしぶりにイカルが東干拓に

Dscn0648

舌だしポーズ

2018年1月20日 (土)

最近の荒崎東干拓

Dscn0540

19日の朝日
真っ赤です

Dscn0495

16日の虹

Dscn0558

霜が降りて見通しがない朝
ツルたちの飛び立ちも遅め

Dscn0570

やたらと縄張り意識は強くなってる
土中のエサももう少ないのかも

Dscn0521

食べた後は、ゆっくり

Dscn0549

東干拓の処理場前にマナヅルが集まりだしています

そろそろ北帰行が近いのか?
個人的に、ここにマナヅルの大集団ができだすと北帰行が近い気がしている

Dscn0554

ちー
を合図に探してみると
ちんまり、ムネアカタヒバリがいました
この顔色なら私でも見分けがつきます

Dscn0567

あー
これはオオジュリンなのかシベリアジュリンなのか

Dscn0490

水路に降りて魚を食べたい集団
道路わきに人が立つと、警戒して田んぼに上がって餌お預けです

近くには寄れますが、遠目に見てあげてください
ヘラサギたちが魚を食べられません

Dscn0542

チョウゲンボウもちらりとこちらを警戒

Dscn0500

ノスリはいつもの位置

Dscn0509

ツクシガモのシンクロナイズド・・・という位にはそろってない

Dscn0519

道路に出てくるヒドリガモ
感染症が警戒中の中です
池にいてください
お願いします

2018年1月12日 (金)

1/12

Dscn0412

雪2日目

Dscn0379

センターのオブジェも、うっすら雪化粧

Dscn0397

雪にとけてしまいそう

Dscn0385

雪でも出水は相変わらず風が強くて
じっと耐えてる

Dscn0417

連れられて
親についてく

Dscn0436

食べ物、あるの?

Dscn0440

しんしん、降り続く

Dscn0462

集まってしのいでる
稲株が雪から頭を出していて、
何かしらのエサが探しやすいんだろう

Dscn0482

人が少ないとは言っても、警戒はしてる

Dscn0472

ハイイロチュウヒも、さすがに地上に降りていた

Dscn0430

タゲリも窪地に

Dscn0433

やたらと元気なのはヒバリ

Dscn0408

カモも集まってじっとしてました

2018年1月11日 (木)

ゆき

Dscn0276

出水は雪です
でも干拓、荒崎は積もらない

Dscn0282

寒くないのか!
水浴びするツルが何羽かいました
人間は凍えてるのに、上等な羽毛を持ってるんだろうな

Dscn0297

雪は降ったりやんだりだけど
ずっと餌を探してる

Dscn0307

なんだかね、親が子供の前に立って
雪が当たらないようにかばってるみたいに見えて、
ずっと見てしまった

親が探し当てたエサは、当然のように子供が食べてましたよ

Dscn0304

吹雪のなか、飛ぶ

Dscn0315

降ってるのに飛ぶ

Dscn0320

雪が激しくなって、楽しくなっちゃったか
地面をつついて、稲株放り投げて踊りだす

Dscn0328

ナベヅルカップルは2羽で踊りだしちゃった
雪が激しくなるのも、何かのスイッチ入るのかな

Dscn0358

群れのナベヅルは、雪にあまり関係なく必死に採餌

Dscn0365

日が暮れてくと、雪が大粒になってきた
明日は積もるのかな

2018年1月 6日 (土)

今朝は、今シーズン最後の羽数調査が行われました。

結果は、
ナベヅル 11,039羽
マナヅル 2,527羽
クロヅル 8羽
カナダヅル 7羽
ナベクロヅル 9羽
の合計 13,590羽でした。

Dscn0156

ここしばらくの荒崎周辺
船とツル

Dscn0168

こんなところまで入り込んで餌をとってます
捕まえられそう・・・

Dscn0201

相変わらず、人がいないと道路に上がるナベヅル

Dscn0203

今年はマナヅルまでも道路を飛んで渡らず、歩いて渡る

Dscn0210

エサがまかれた道路は、朝のうちマナヅルが多い

Dscn0216

イカルも来てます

Dscn0183

ホオアカがあちらこちらで見かけられるようになりました
今日は、メジロも見かけたので小鳥も降りてきてるかな

Dscn0230

やたらとヘラサギが多い今シーズン
増えてるのか?

2018年1月 1日 (月)

Nenga2018_net

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
  • 3/11 ナベ450羽 クロ1羽
  • 3/10 マナ19羽 ナベ1,406羽
  • 3/4 マナ41 ナベ1624 クロ3 カナ4 ナベクロ3
  • 2/28 ナベ128羽
  • 2/27 ナベ21羽
  • 2/24 ナベ19羽
  • 2/23 マナ193羽 ナベ461羽
  • 2/22 ナベ41羽
  • 2/18 マナ636羽 ナベ151羽
  • 2/17 マナ93羽
  • 2/14 マナ1064羽 ナベ6羽
  • 2/9 マナ135羽
  • 2/8 マナ313羽 ナベ5羽
  • 2/2 マナ27羽 ナベ6羽
  • 1/27 マナ4羽
無料ブログはココログ