フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

« 2018年2月 | トップページ

2018年3月

2018年3月29日 (木)

Img_4561

昨日一日で目隠し網の撤去も終わってしまい、何の境もない保護区になりました
9:46 気候も良し、ナベヅルが飛び出してきました
10時ごろには一時、北帰行も収束

Img_4575

10:33からまた荒崎からツルが飛び出してくる
蕨島方向で旋回、野口港方向へ低く見えなくなりました

本日の北帰行 9:46~10:47
ナベヅル224羽 クロヅル1羽

Dscn6947

もう帰っちゃうんだなあ
春なんですね

2018年3月28日 (水)

Img_4472

今日の北帰行は、9:13から

Img_4486

ずいぶん行ったり来たりして、飛んでいくもの戻ってくるもの
忙しい北帰行

Img_4494

もう帰らなきゃ

Img_4554

桜も咲いてるし
でも戻ってくるのも多かったんです
残ってるのが、幼鳥がとにかく多いっていうのが問題なのか?

本日の北帰行 9:13~9:59
ナベヅル 114羽

Dscn6942

もう春の風景なのだけど

Dscn6941

目隠し網の撤去も行われています
もう月末まではあと少し
4/1からは、荒崎もツルの保護区ではなくなります

2018年3月27日 (火)

Dscn6929

早朝のツルたち
田んぼの補修作業工事が始まる前に、観察センター前の道路に集まって採餌

Dscn6934

工事が始まると、保護区の外に出てのんびり、採餌
でも、車がそばの道路を通ると一斉に飛び立ち、またあちこちに降りて採餌

Img_4438

もう今日は空のカスミもすごいし、荒崎からほとんど動かず飛んでこないから北帰行無いねと思っていたら、12時ちょっと前くらいに荒崎から飛び立って西干拓手前まで飛んでくるツルが・・・

それでも、荒崎戻りで安心してそろそろ帰ろうかとしていたら
まさかの12:07港方向に飛んで行ってしまうツルが

Img_4468

一度飛んでいくと、ばらばらと荒崎から慌てて?飛び出してくるツル続出でそのうちに本当に北帰行してしまう・・・

空モヨウは良くないのだけれど、昼頃になると若干それも明るめ、風も無風からそよそよ吹いてきていて、飛び立ったツルのうち少しだけ北帰行してしまった

本日の北帰行 12:07~12:12
ナベヅル 56羽

2018年3月26日 (月)

Dscn6922

朝8時前
飛び回っております

Img_4396

PM2.5もひどい
視界悪く、紫尾山矢筈岳も全く見えない

Img_4406

だんだんと青空が出てきてうっすらと紫尾山山頂も見え始めた11:00頃、何度も飛んでは荒崎戻を繰り返していたツルが飛んで戻らなくなった

Dscn6927

野口港方向に低く、見えなくなりました
靄が濃く、善上ヶ丘でも見えなかったようです

本日の北帰行 11:00~11:08
ナベヅル20羽

2018年3月25日 (日)

Dscn6904

早朝、観察センター前
工事がまだ入る前、餌をまかれた道路に集まるナベヅルたち
今の時間帯でないと、ここにいられない
でもまかれてるエサはこのラインだけと思われる
早く食べて

Dscn6912

工事車両が入ってくると、避難して保護区の網際までツルが移動してきたけれど、そろそろ人に対する警戒心は増してきているので、ツルがいる田んぼの真横の網際(もちろん保護区の外)に車を止めただけでもびびってます

そして群れの3/1程度はぶわっと飛んだ
こうやって人との距離が遠ざかっていきます

Img_4367

朝からの靄がほとんど晴れず、北帰行飛ばないだろうと思っていたのだけれど、工事車両本当に工事が佳境で、何度も飛ばされ飛ばされ荒崎の北のほうまで飛んできていたのだけれど保護区に戻っていたところ、

10:30 荒崎に戻らずそのまま蕨島上空から旋回し港方向に飛んでいき、見えなくなってしまったツルが出てきた

Img_4375

その後も、荒崎戻りが多かったのですが
ぱらぱら飛んでいき、ドドドっと荒崎に戻ってくる

蕨島上空も暗く白く、見通しは悪い

Img_4378

11時過ぎまで、多分工事車両から飛ばされ断続的に集団で飛び、ほとんどは荒崎で旋回終わりなのだけれど、稀にぱらっと蕨島まで行って戻ってこないツルが11時前まであった

本日の北帰行 10:30~10:52
ナベヅル36羽


これからはこんな感じで帰っていくのだろう
危険を感じればツルは警戒します
人との距離も、どんどん変わっていきます

2018年3月24日 (土)

Dscn2257

昨日の北帰行が7時過ぎからだったので、今朝は早めに
ライブカメラ見てたら、ツルは6時ごろにはねぐら立ちしていた
日の出時間に合わせて起床するようになったのか?

Dscn2275

今朝は7:45北帰行始めた4羽が
港方向に低く消えて見えなくなった
気の早い・・・

群れは全く追従せずでした

Img_4334

その次の北帰行飛び立ちは、9:27から
次から次に飛び出してきて、港方向上空でいつまでも旋回
ようやく消えて見えなくなる

9:50頃から風が出てきて、堂山上空高く旋回
一部、鉄塔付近旋回

ぱらぱら飛んできては旋回11:07頃まで飛び出し続けました

Img_4346

本日の北帰行 7:45~7:49 9:27~11:07
ナベヅル1,073羽

2018年3月23日 (金)

Img_4199

荒崎の保護区の復旧工事も、佳境に入ってきました
センター前付近にも重機が入り、いよいよ居場所がないツルたちが一斉に北帰行始めたようです

今朝は、給餌の時間の7:02に一部のツルが北帰行したとのこと
だんだん3月も終わりになると、ツルもソワソワしています

Img_4236

特別なことじゃないかのように、ふわふわと飛んで帰って行ってしまう・・・
おいていかれるようで、私が寂しい

Img_4212

残っていたマナヅル1羽もナベヅルについていきました

Img_4294

朝早朝に帰ったツルのあとの飛び立ちは、8:12頃から
ずっとずっと飛び出し続けていきます

空は大渋滞

Img_4258

羽ばたきは力強く
この日のために手入れされた羽根は、きれいに整えられ輝いています

Img_4302

ミヤマガラスも一緒に渡っていくよ

本日の北帰行 7:02~11:15
マナヅル1羽 ナベヅル5,183羽
合計 5,184羽

Dscn2252

私と一緒に?取り残されたツルたちは、次の日の準備で水浴び

Dscn2226

ゆっくり休息をとって、明日の準備?

2018年3月18日 (日)

Dscn2149

天気予報は、晴れのち曇り予想
荒崎は晴れ!って感じがしない雲多め
そして気温も低め
寒い

ツルたちはのんびり食べてるけど、道路下のツルたちはもう羽繕い
このツルたちが頑張りすぎて飛んでいきそう

Dscn2152

10:03 10時のチャイムも鳴って、多分修復工事の方たちの休憩タイム
工事の方たちが移動されての影響でしょう
ナベヅルが3羽、4羽と堂山のほうまで飛んで行って荒崎戻り

Img_4133

その後、それを見たナベヅルが飛び出してくるけれど、荒崎の北のほうまで来て旋回
すべて荒崎に戻ってくる

野口港方面の雲が黒っぽく、良くないみたい

Img_4160

しばらくたって、10:15ごろから荒崎からまたパラパラとナベヅルが飛び出してくる
何とか野口港方面へ飛んでいくけど、蕨島方面へ流されたり、頑張って野口港方面へ行き始めたり
なんだかずっと、港方面で旋回して長いこと飛んでいる

Img_4165

10:23 雨掛山方面から飛んで進んでいったグループが、堂山付近で見えなくなった
その後続も山伝いに進んでいき

Img_4172

雨掛山鉄塔付近から山越え

港方向のツルたちは、パラパラ旋回から外れて徐々に荒崎に戻ってきた
10:45頃、荒崎からの飛び立ちが止まった
10:52 荒崎に戻ってくるツルも止まった

本日の北帰行 10:23~10:52
ナベヅル277羽

2018年3月17日 (土)

Img_4006

ゆるりと採餌していたツルが、荒崎から9:13飛び出してきた

Img_4092

荒崎上空を旋回

Img_4078

そのうちに江内方面へと旋回が徐々に移動していく

Img_4044

9:20頃には雨掛山稜線沿い上空を進んでいき
9:25堂山電波塔の間を通り山陰に見えなくなった
それからは、次々に荒崎から同じようなルートでツルたちが飛んでいく

Img_4101

始めはつられて飛び出して、遊んでる風な旋回のツルもいて、でもうまく風に乗れるとそのまま帰って行ってしまう
突風にあおられてずいぶん荒崎寄りに戻されたツルは、ふわふわと長い間旋回して荒崎戻

軽々と、飛んでいくナベヅル
もう、帰っていくんだなあ

本日の北帰行 9:25~10:48
ナベヅル1,307羽

2018年3月15日 (木)

Dscn2075

もうそろそろツルのシーズンも終わりに近づいています
今朝から、荒崎の保護区の中の田んぼの修復工事が始まりました
まずは、草刈りとあぜの復旧から
工事車両が入り、人が入り、ツルに壊された箇所を修繕していきます
ツルの影響が少なくなるように周辺から始められました

Dscn2073

普段なら飛ばないだろう空モヨウ
北のほうの靄が濃く、なかなか晴れる気配がありませんでした
10時前後、工事の方がこじゅはん、休憩するのに移動されるたびに警戒して飛び上がり始めます
飛び上がるけれど、先の空模様を見て?荒崎戻だったのが、太陽がパッと雲の隙間から出始めた10:07港方向に32羽旋回始めました

はじめ無風状態だったのが、だんだんと南風になり、飛びはじめ、戻ったりするツルを見て、また荒崎から飛び出していきます

港方向で小さく消えたものの、時間差で荒崎に近づいて戻され
そうこうするうちに荒崎田んぼ上や羽数調査場所上空で飛び出してきたツルがずっと旋回
少しずつ進み、戻され・・・
今日は飛び出しが遅くなればなるほど、荒崎に戻ってきたツルが多かったです

本日の北帰行 10:17~11:30
ナベヅル 420羽

1,000羽近く飛び出しはあったので、半数以上は荒崎の戻ってきたということになります

Dscn2080

残ってるツルは、ゆっくり組

Dscn2091

これから工事が進むにつれ、工事車両が包囲していきます

2018年3月11日 (日)

Dscn2023

晴天!ちょっぴり進行方向がかすんでるけど、いい天気。
9:34野口港へまっすぐV字になって飛んでいくナベヅルたち
その後、ぱらぱら飛び出してきて9:47いったん飛び立ちが収まる

10:00のチャイムを合図に?また飛び出し始め
11時ごろまでぱらぱら飛び出して、旋回し、
少しずつ群れになって港方向に消えていく

10時ごろ、荒崎は風が変わる傾向があるので、そのタイミングなのかな?

Img_3899

野口港方向がほとんどだけれど、たまに山沿いを飛ぶ
そして風に流されて、野口港方向へ

Img_3917

足が悪い個体も飛ぶ
足がだらりと片方だけ下がっている

Img_3930

飛行機もいっしょ
出水は風がいいのだろう
北帰行が見られるときには飛行機が飛んでいることも多い

Img_3954

今日は荒崎上空で旋回する時間が長く、多くのツルが近くを飛んでくれた
元気でね
又、次の秋に逢いましょう

本日の北帰行 9:34~11:25
ナベヅル450羽 クロヅル1羽
合計451羽

2018年3月10日 (土)

Dscn2009

天気も良く、視界も良好
8:30の段階で、東の風3.1~4.7m/s
風がちょっと強い

飛ぶんだろうか?と思っていたら、
8:55強い風の状態のまま荒崎から飛び出してきて
江内上空旋回、雨掛山の稜線を進みだした

9:06 鉄塔付近で姿が見えなくなった

マナヅルの群れも一緒に飛んでいたけれど、旋回するたびに少しずつナベヅルの群れとマナヅルの群れに分かれて、飛んでいく

風に流されるのは、マナヅルのほうがダイナミックに流されていく

ナベヅルは、飛び出しの時間から11:00頃までほとんど途切れず
ずっとずっと飛び出し続けた

本日の北帰行 8:55~11:11
マナヅル19羽 ナベヅル1,406羽

マナヅルは、他の地域からの流入がない限り
荒崎の羽数は0羽だと思われます

2018年3月 4日 (日)

Dscn1860

今日は北帰行があるでしょう、と昨日のうちからいろんな人と語り合っていました
エサまきで飛んだら・・・とか、魚まきで飛んだら・・・とか心配しつつ、8:20に荒崎に着く直前、雨掛山上空旋回してる群れを確認
遅刻です

昨夜は風が強く、雨も降ったのに!
南東の風2m/s
追い風も、あまり今まで飛ばない風なのに
今までの傾向の「雨の翌日は飛ばない」は、状況で変わるんだな

あまり言いたくないけれど、最近の荒崎東干拓、その周辺はツルにとっての環境が悪くなってる?のかもしれません
ツルの数が多くなったことで過密、競争激化というのもあるかもしれないし、その他気付かない何かがあるのかもしれません

Dscn1865

堂山から野口港方向までの間から見えなくなっていきます

Img_3619

ナベヅルの群れの中にカナダヅル1羽
ナベヅルの群れに混じって飛んでいくので、追跡必須
もし戻りの群れに入っていたら大変
見失わないようにずっと目で追いかけて、山を越えるまで確認します

Img_3676

クロヅルナベクロヅル夫婦とその子供が飛んでいきました

Img_3696

手入れされたきれいな羽が、キラキラしています

Img_3706

8:06から11:10頃までずっと荒崎からツルが飛び立っていきました
なかなか風をつかめず、戻ってくるツルも多かったです
長い長い北帰行の一日でした

本日の北帰行 8:03~11:24
マナヅル41羽 ナベヅル1,624羽 クロヅル3羽 カナダヅル4羽 ナベクロヅル3羽
合計 1675羽

お願い

田んぼ、あぜ道は、農家さんの私有地です

撮影や観察などで絶対に侵入しないようにお願いします

« 2018年2月 | トップページ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

北帰行

  • 3/29 ナベ224羽 クロ1羽
  • 3/28 ナベ114羽
  • 3/27 ナベ56羽
  • 3/26 ナベ20羽
  • 3/25 ナベ36羽
  • 3/24 ナベ1,073羽
  • 3/23 ナベ5,183羽 マナ1羽
  • 3/18 ナベ277羽
  • 3/17 ナベ1,307羽
  • 3/15 ナベ420羽
  • 3/11 ナベ450羽 クロ1羽
  • 3/10 マナ19羽 ナベ1,406羽
  • 3/4 マナ41 ナベ1624 クロ3 カナ4 ナベクロ3
  • 2/28 ナベ128羽
  • 2/27 ナベ21羽
  • 2/24 ナベ19羽
  • 2/23 マナ193羽 ナベ461羽
  • 2/22 ナベ41羽
  • 2/18 マナ636羽 ナベ151羽
  • 2/17 マナ93羽
  • 2/14 マナ1064羽 ナベ6羽
  • 2/9 マナ135羽
  • 2/8 マナ313羽 ナベ5羽
  • 2/2 マナ27羽 ナベ6羽
  • 1/27 マナ4羽
無料ブログはココログ