フォト

このブログについて

  •  このブログは「ツルが好き!」な人達のため、ノーギャラでお送り致しております

ツイッター

2014年2月27日 (木)

荒崎 ナベヅルマナヅルへの魚のエサ撒き

2013年10月16日 (水)

2013 初渡来ナベヅル5羽

2012年7月31日 (火)

稲穂を食べてダンス

2012年1月 8日 (日)

タンチョウの魚のたべかた

2011年7月 3日 (日)

タンチョウの卵とヒナ

平川動物園、タンチョウのヒナ誕生

Cimg2678

熱い曇り。

11時25分頃 観察センター前 28.6℃ 南西 4.8m/s

tenki.jp世界天気より転載 

ハバロフスク 最高気温 27℃ 最低気温 18℃
         東北東 1m/s
         視程 0.4km

ウラジオストック 最高気温 24℃ 最低気温 16℃
           南南東 7m/s
           視程 - km

平壌 最高気温 28℃ 最低気温 22℃
    0m/s
    視程 0.7km

ソウル 最高気温 25℃ 最低気温 22℃
     南西 4m/s
     視程 0.5km

Cimg2692

平川動物園へ着いて、ツル舎へ直行!
ホワイトタイガーもスルーだ!

ハゴロモヅルが、卵を1個産んでいた。
この間来たときはすっごくラブラブな2羽だったけど、卵は無かったはず。
飼育員さんの話によると、産んでから1週間たつかたたないかくらいだそう。楽しみができました。

Cimg2754

タンチョウは卵一つ。

Cimg2700

1羽生まれてました!
2~3日前に産まれたそうです。
もう1羽、早く出てこないかなあ?

Cimg2743

クチバシの上の突起は、卵歯?

Cimg2707

飼育員さんがケージに入って、餌を与えてました。
キャベツ半個、小松菜茎のみ、3束みじん切り。
食パン4枚、キビナゴ、ペレットだそう。

熊手で親タンチョウを牽制しながらの入室。

Cimg2766

ふむふむ、なあに?

生まれたヒナがクチバシを動かしていないときや寝ているときに、ときどきピヨピヨ鳴き声がしていました。卵の中から鳴き声がしていたと思います。

Cimg2790

ときおり親が、卵を動かしてました。
殻が割りやすい良い位置にヒナが動くようにしていた?

Cimg2798

みーんな、まってるよ。

Cimg2805

甘えたなヒナは、背中でうとうと。

Cimg2827

飼育員さんが近くに来ると、うれしくて?食べてばっかりだったお父さん?と一緒に鳴く。卵とヒナは、おなかの下!

2011年5月 8日 (日)

マナヅルの転卵

タンチョウの転卵

2011年2月23日 (水)

出水に来たコウノトリ

Img_6494
2/22 出水市にコウノトリがやって来ました。 高尾野川近くを飛んだ後、福ノ江町の鉄塔に止まってました。 23日現在、また行方がわからなくなっているみたいです。 気まぐれなコウノトリは今頃どこにいるのでしょうか?

兵庫県コウノトリの里公園サイト参考
標識の色から見て、J0022の2010.03.30生まれのメスのようです。
生まれて1年足らずで広い範囲飛んで回ってるんですね。

2010年10月28日 (木)

夕暮れのツル渡来

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

北帰行

  • 4/12 ナベ21羽
  • 4/4 ナベ202羽
  • 4/3 ナベ170羽
  • 4/1 ナベ65羽
  • 3/28 マナ1羽 ナベ604羽
  • 3/26 ナベ984羽 クロ1羽
  • 3/24 ナベ1577羽 カナダ3羽
  • 3/22 マナ3羽 ナベ2,944羽
  • 3/17 マナ5 ナベ1,757 クロ2
  • 3/16 ナベ299羽
  • 3/12 ナベ118羽
  • 3/11 ナベ474羽
  • 3/10 マナ5羽 ナベ1,207羽
  • 3/4 マナ15 ナベ838 カナダ1
  • 3/3 マナ139羽 ナベ1,308羽
  • 2/28 マナ134羽 ナベ611羽
  • 2/27 マナ125羽 ナベ914羽
  • 2/25 マナ96羽 ナベ489羽
  • 2/19 マナ130羽 ナベ71羽
  • 2/16 マナ142羽 ナベ60羽
  • 2/15 マナ216羽 ナベ31羽
  • 2/9 マナ1096羽 ナベ47羽
  • 2/8 マナ79羽
  • 2/3 マナ789羽 ナベ7羽
  • 2/2 マナ220羽
  • 1/31 マナ325羽
  • 1/26 マナ10羽
  • 1/25 マナ7羽

ツル保護区について

  • 荒崎・東干拓の保護区は、人の立入りが禁止されています。安心してツルが越冬できるように、立入り禁止看板の先には入らないでください。毎シーズン、観光客、カメラマンの侵入が多く見られます。監視小屋から見ているツル監視員や見学されている方から丸見えですよ。ルールを守って見学してください。

知っておいて欲しいこと

  • ケガをしているツルでも、飛べるツルは捕獲・保護することが出来ません。ツルの一番の天敵は人間です。人の姿が近づいてくると、死んでも捕まりたくないとばかりに最後の力を振り絞ってでも逃げようとします。もし近づいても座り込んで飛ばないような状況であれば、クレインパークに連絡をお願いします。

汐見

無料ブログはココログ